人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

8割以上の人が悩む「目の疲れ」で感じる症状TOP3、3位見えにくい、2位目が乾く、1位は?

2020.06.30

現代人が「目の疲れ」を取るためにしている対策

近年、デジタル化によって「スマホ老眼」や「眼疲労」などの現代病が問題視されている。アップビートが全国30歳以上の男女1,117人に「目の疲れ」に関する調査を実施したところ、8割以上が「目が疲れている」と感じることがあると回答。

「どのような症状を感じますか?(複数回答可)」と質問したところ、『目がかすむ(61.5%)』と回答した方が最も多く、次いで『目が乾く(48.7%)』『モノが見えにくくなった(44.5%)』『肩こりに悩まされる(39.3%)』『頭痛がする(24.0%)』『充血する(15.3%)』と続いた。

PCやスマホから出るブルーライトの強さは紫外線と近いため、昼だけでなく夜も使用しているとホルモンのバランスが崩れてしまい、体内のリズムが乱れてしまう。

では、目の疲れをとるためにどういった対策をしているのか。

「目の疲れに対して何か対策をしていますか?」と質問したところ、『目薬をさす(51.1%)』と回答した人が最も多く、次いで『目元マッサージをする(21.2%)』『PC眼鏡を装着する(9.3%)』『ホットアイマスクをする(6.6%)』『アイケアサプリを飲む(2.7%)』『眼科に行く(2.3%)』と続いた。

目薬や目元マッサージ、PC眼鏡といったその場で手軽にできるもので対策していることが分かった。では、これらの対策法に満足しているのか。

そこで、「上記で選んだ対策の効果に満足していますか?」と質問したところ、『あまり満足していない(46.8%)』と回答した方が最も多く、次いで『やや満足(33.5%)』『不満(7.0%)』『満足(6.0%)』『かなり不満(5.0%)』『かなり満足(1.7%)』と続いた。

8割以上が「目が疲れている」と回答したが、貰ったら嬉しいリラックスアイテムは何か。

「貰ったら嬉しいリラックスアイテムを教えてください(上位3つ選択)」と質問したところ、『ホットアイマスク(77.9%)』と回答した方が最も多く、次いで『良い枕(64.0%)』『マッサージ器(62.4%)』『アロマディフューザー(32.2%)』『磁気ネックレス(31.4%)』『目元エステの利用券(29.6%)』と続いた。

ホットアイマスクや良い枕が上位に上がったことから、目の疲れや睡眠の質を上げて疲れをとりたいと思う人が多いのかもしれない。

「目の疲れ」に関する調査
調査期間:2020年3月6日(金)~ 2020年3月7日(土)
調査方法:インターネット調査
調査人数:1,117人
調査対象:全国30歳以上の男女
モニター提供元:ゼネラルリサーチ

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。