人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

親の生前整理・遺品整理の心配事TOP3、3位整理する量が多い、2位貴重品や重要書類などの区別、1位は?

2020.06.29

「遺品整理・生前整理」を親と話したことのある人は2割

最近「孤独死」が問題視されているが、2019年の大阪府警の調査によると、誰にも看取られずに屋内で死亡し、1か月以上経ってから見つかった遺体は382体にも上っていると判明している。

死後2日以上経ってから見つかった独居者(自殺者含む)は集計すると2,996人。今、親と別居している人は不安に感じてしまうだろう。

最悪の状況に備えて、まずやるべきことが親と貴重品や遺品の話し合い。 今回はGoodServiceが40歳以上の全国男女を対象に「遺品整理」に関する調査結果を紹介したい。 

調査の結果、「生前整理・遺品整理について、親と話し合ったことはありますか?」と質問したところ、『はい(18.7%)』『いいえ(81.3%)』といった結果になっている。

8割以上の方が話し合いをしたことがないと判明したが、どのような話をしたのか。

「どのような話がメインでしたか?」と質問したところ、『財産分与について(38.9%)』と回答した人が最も多く、次いで『貴重品をどうするか(28.4%)』『契約について(16.8%)』『形見について(10.6%)』『その他(5.3%)』と続いた。

財産分与や貴重品は、あとから揉める原因にもなりえるので、しっかりと話し合うことが大切だ。さらに身の回りの契約関係に関しても、解約の手続きに苦労したり、損をしてしまったりと様々なトラブルが出てきてしまうことがある。

しかし、親の「生活感」や「貴重品がどこにあるのか」を把握していますか?」と質問したところ、8割近くが『いいえ(76.9%)』と回答。後で苦労する前に話し合えることは話しておいたほうがいいだろう。

最後に「親の生前整理・遺品整理と聞いて何が思いつきますか?(複数回答可)」と質問したところ、『契約や手続きなど全て処理できるか心配(43.2%)』と回答した人が最も多く、次いで『貴重品や重要書類など区別できるのか(40.9%)』『整理する量が多くて大変そう(33.5%)』『思い入れのあるものは処分しづらそう(28.3%)』『整理の時間が取れるか(24.9%)』『業者に頼む場合の費用面の不安(19.1%)』『業者に頼んだ場合、貴重品や重要書類など区別されず処分されてしまわないか(17.0%)』と続いた。

契約関係や重要書類などどうすればいいのか心配になる人が多いようだ。

「遺品整理」に関する調査
調査日:2020年3月6日(金)
調査方法:インターネット調査
調査人数:1,152人
調査対象:40歳以上の全国男女
モニター提供元:ゼネラルリサーチ

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。