人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

東日本の行ってみたい・見てみたいロケ地ランキング、3位会津若松市「鶴ヶ城」、2位松本市「美ヶ原高原」、1位は?

2020.06.26

映画やドラマのロケ地はときに「聖地」と呼ばれることもある。聖地を目指して旅行する熱烈なファンも少なくない。 今回、ウェイブダッシュはみんなのランキング第10回「行ってみたい・見てみたいロケ地ランキング(東日本編)」のトップ10を発表!!どれも「あ〜あそこね!」と納得のスポットばかり。それでは5位から!

行ってみたい・見てみたいロケ地ランキング(東日本編)

第5位 北海道富良野市「麓郷地区」

ドラマ『北の国から』の舞台となった「麓郷地区」。写真は黒板一家が最初に住んだ家とされている石の家。近くある麓郷展望台は、ラベンダーなどの花畑を一望できるスポットになっている。

第4位 富山県高岡市「雨晴海岸」

海越しに3000m級の立山連峰を望める、富山県高岡市「雨晴海岸」。景勝地としても人気があり、季節や時間によって様々な姿をみせてくれる。劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』の舞台となった場所だ。

第3位 福島県会津若松市「鶴ヶ城」

会津若松市のシンボル「鶴ヶ城」は、NHK大河ドラマ『八重の桜』の舞台となった場所。美しい赤瓦をはじめ、石垣、茶室などの魅力もたくさんある。市民公園にもなっており、会津若松市民にとって身近な存在で、親しまれているお城だ。

第2位 長野県松本市「美ヶ原高原」

松本市の美ヶ原高原は、映画『神様のカルテ』『神様のカルテ2』の舞台となった場所。写真左にある「美しの塔」は、日本一大きな文学碑で、美ヶ原高原のシンボルにもなっている。霧のない快晴の日には、満天の星空が広がり、天の川が見られるそうだ。

そして1位に輝いたのは、山形県尾花沢市にある「銀山温泉」!

銀山温泉は、NHK朝の連続テレビ小説『おしん』のロケ地になっており、温泉街としても有名な観光地。銀山川の両岸には、大正時代から昭和初期にかけて造られたモダンな木造建築の旅館が数多く立ち並んでいる。その風情ある街並みのなかにいると、まるでタイムスリップしたかのような気分を味わえる。

尾花沢市の「銀山温泉」を選んだ方からも、「雪国の幻想的な昔ながらの温泉街は、とても絵になると思う。(60代男性)」「街灯がノスタルジックで雰囲気がすごくいいです。恋人と行ってみたいです。(20代女性)」「温泉街の雰囲気がレトロで情緒があって、行きたい気持ちがそそられた。(40代男性)」などのコメントがあがっている。

調査概要
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020/1/10 〜 2020/2/10
調査対象::生活ガイド.com会員10代~80代の男女631名

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。