人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ自粛中に子どもを保育園に預けられなかった保護者が仕事と育児を両立するためにしていた工夫

2020.06.20

あなたにとってこの度のコロナショックで、改めて必要性を再認識した業種というと何だろうか?

医療、物流、小売り……様々あるだろうが、緊急事態宣言の下、子どもを預けていた保育園が休園や登園自粛となった保護者の方にとって、「保育」もその一つに数えられることだろう。

そこで今回、保育園の休園や登園自粛によって在宅での仕事と育児の両立を余儀なくされた20~39歳の保護者421人を対象にした「新型コロナウイルスの影響を受けた保護者の保育園に対する意識調査」が実施されたので、その結果を紹介していきたい。

ほとんどの保護者が「保育園は社会にとってなくてはならない存在」と認識

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の下、休園や登園自粛となり、保護者の 98.3%が「保育園は社会にとってなくてはならない存在」と思ったことが明らかになった。

感染症の拡大前まで登園が当たり前と考えて、子どもを預けていた保育園が休園・登園自粛となったことで、社会にとって必要性であることを、保護者が再認識した様子がうかがえる結果となっている。

この結果から、共働き世帯が増える中、保育施設は社会を支えるインフラになっているといえる。

保育園や保育士が家庭では対応し切れない役割を担っていることを再認識

「保育園に子どもを預けられないことで再認識した保育園の役割」について、最も多かったのは「家では教えられない豊富な遊びや言葉を教えてくれる」(67.0%)、次いで「友達や先生などたくさんの人と触れ合うことで社会性が身につく」(64.4%)と続いている。

この結果から、家庭内だけでは十分な保育をすることが難しく、保育園や保育士が家庭内では対応しきれない重要な役割を担っていたことを再認識する保護者が多いことが明らかになった。

「保育園に子どもを預けられず、子どもの成長において不安に感じたこと」の設問では、保護者の 95%が何かしらの不安を感じていることが明らかになった。これは、次の設問にある「自宅で仕事をする上での困ったこと」を回答した88%を上回る結果となり、保護者として子どもの成長への不安のほうが大きいことが浮き彫りになる結果となった。

子どもの成長において不安に感じた内容については、1位が「友達と遊んだり、外で遊ぶことが出来ず体力が落ちている」(58.7%)、2位は「生活のリズムが崩れてしまっている」(52.5%)、3位は「子どもにストレスが溜まっているのを感じる(50.4%)」となっている。

この結果から、友人との交流、体力、生活リズムなど子どもが健全に成長する上で必要なことを保育園が担ってきたことがうかがえる。

また、「子どもがいる中で、自宅で仕事をする上での困ったこと」について尋ねる調査が行われたところ、保護者の 88%は何らかの困りごとをあることが明らかになった。

多い困りごとは、1位が「子どもが話しかけてきたり、遊んでほしいと言って作業が中断される」(64.1%)、2位は「子どもの様子が気になって集中できない」(47.7%)、3位は「オンライン会議や電話中に子どもが大声を出したり、泣き出したりして中断する」(36.8%)という結果となった。

「子どもを保育園に預けられない中、仕事を工夫していること」ついての設問では、8割近い保護者が何らかの工夫をしていることが明らかになった。最も多かった工夫は「パートナーと時間を分けて子どもの面倒を見る」(50.8%)、次いで「両親や知り合いに子どもを預ける」(34.9%)と続く結果となった。

この結果から、保育園に預けられない中、在宅で仕事を続けるには、パートナーや両親、知り合いなどの助けが必要になることが浮き彫りになっている。

保育園や保育士への感謝の声が多数

休園・登園自粛の中、保育園、保育士に対して思ったことや伝えたいことを尋ねる調査が行われたところ、保護者から感謝の声が多数寄せられた。

「保育園がない生活が考えられない」「感謝しかない」といった声をはじめ、なかには「医療従事者への称賛の声が相次いでいるが、保育従事者の負担にも目を向けたい」といった保育士を慰労する声もあった。

■主な回答

「親が安心して働くことができるのは保育園のおかげ。親子共々保育園のおかげで生活できていると
痛感している」(東京都・36歳)
「当たり前のように預けていたがありがたさが改めてわかった」(兵庫県・28歳)
「保育園がない生活が考えられない。全ての保育士さんに感謝しかないです」(東京都・32歳)
「子供の心身の健全な成長や親の心身の余裕には保育園は欠かせない存在であると改めて認識し、
とてもありがたく感じた」(神奈川県・33歳)
「完全に自粛できない家庭がある中、一人でも園に来る子がいれば、感染の危険もあるのに出勤してくださり、
申し訳ない気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです」(滋賀県・30歳)
「医療従事者への称賛の声が相次いでいるが、感染リスクを抱えながら子どもを世話する保育従事者の負担
にも目を向けたい」(静岡県・38歳)

<調査概要>
・調査方法 :インターネットによる調査
・調査期間 :2020年5月25日(月)~2020年5月27日(水)
・調査対象 :新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う緊急事態宣言により、保育園が休園や登園自粛、
または自主的な登園自粛中で、子どもが保育園へ登園しておらず、在宅で仕事をしている
20~39歳の男女 421人

出典元:キャリアフィールド株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。