人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

外資系含む115社に聞いたアフターコロナに採用したいスキル人材ランキング、2位「経営・リーダーシップ」、1位は?

2020.06.19

コロナショックにより景気が後退し、企業の採用活動にも少なくない影響を及ぼすのではないかと懸念されている。

しかしこの度、人材紹介会社ロバート・ウォルターズ・ジャパンが実施した、外資系企業の日本法人などを含む国内企業115社を対象とした 「アフターコロナの人材採用」に関するアンケート調査によると、35%が「採用活動・雇用 計画に変更なし」と回答していることが明らかになった。

以下に、調査結果の詳細を紹介していく。

「採用したいスキル人材」に新たな兆し

■35%「採用活動・雇用計画に変更なし」

コロナ禍の影響においても、35%の企業は、採用活動・雇用維持を含めて「従業員の雇用に変更はない」と答えた。更に14%の企業では、需要の高まりを受けてコロナ禍の中で追加採用を行っていたこともわかった。

■アフターコロナに採用したいスキル人材、1位「コミュニケーション」

今回の調査に回答を寄せた 115社の人事部に、アフターコロナに採用したい専門性について尋ねる調査が行われたところ、1位「コミュニケーション」(65%)、2位「経営・リーダーシップ」(49%)、3位「危機管理」(46%)という結果になった。

従来から高需要のデジタルマーケティング、クラウドコンピューティングに並んで、ウィズコロナへの備えからか「健康・安全マネジメント」、さらにはエンゲージメント向上に欠かせないリーダーシップスキルとして注目される「エモーショナル・インテリジェンス(感情知能)」などが10位以内に着けた。

■45%、新型コロナを受けてリモート面接を開始。リモート面接をしない企業はわずか1割に

大手グローバル企業の日本法人などを含む115社のうち、新型コロナウィルス感染拡大以前から人材採用にリモート面接を取り入れていた企業は45%だったのに対し、新型コロナをきっかけにリモート面接を、選考プロセスに新たに導入した企業も45%で、リモート面接をしない企業は、わずか1割という結果になった。

この調査を統括したロバート・ウォルターズ・ジャパン 代表取締役社長のジェレミー・サンプソン氏は今回の調査結果を受けて、以下のようにコメントした。

「新型コロナの影響の中でも日本は慢性的な人材不足の状況にあります。優秀な人材を競り勝つ上では優勢に立ちやすいタイミングでもあることから、対応の早い企業では、リモート面接・リモートオンボーディングのメソッドを使いこなして、即戦力人材の採用活動を賢く進めています。

ウィズコロナというキーワードの浸透とともに、健康・安全マネジメント、危機管理などの BCP 関連ポジションへの需要増は今後もさらに広がるでしょう。

また、コロナ禍のような難しい局面でも従業員の結束力・生産性を高められるエモーショナル・インテリジェンスのスキルを備えた人材・経営スキルの高い人材にも注目が高まっています。」

調査期間:2020年5月11日~5月25日、
対象:国内企業、外資系の日本法人 n=115社

出典元:ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。