人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

豆と水をセットしておけばアプリや音声で簡単に操作できる+Styleのスマート全自動コーヒーメーカー

2020.06.19

プラススタイルは、 コーヒー豆と水をセットしておくだけでコーヒーが淹れられ、 アプリや音声で便利に操作できる「スマート全自動コーヒーメーカー」を 6月25日より販売する。

なお~6月25日までの期間、 「コーヒーメーカー試して予約キャンペーン」と「スマートホーム はじめてセット」を提供する。

「あらゆる人に、 ちょうどいい」をコンセプトとした+Style家電「スマート全自動コーヒーメーカー」は、 アプリ「+Style」により自由自在のタイミングで挽きたてコーヒーを用意。

コーヒーを飲むのに必要な作業は、 コーヒー豆と水をセットするだけ。 アプリ機能「スマートモード」では、 曜日・時間を指定してコーヒーメーカーをONにできる「タイマー」をはじめ、 「お天気」「GPS」「+Styleデバイス」「スマートスピーカー」という5種類の連携で、 「おまかせ家電」という新しい家電体験ができる。

ドリップ式コーヒーは、 「豆を挽く」「湯を沸かす」「蒸らし」「ドリップ」というステップでコーヒーを抽出。

コーヒー豆は酸化しやすく、 挽いてから時間が経つと雑味が増すため、 飲む直前にコーヒー豆を挽くことが美味しいコーヒーを楽しめる要素の一つとされている。

スマート全自動コーヒーメーカーは、 ドリップ式コーヒーの作業をすべて自動で完結し、 いつでも挽きたてコーヒーを楽しめる。

内蔵ミルによる豆の挽き具合は、 杯数に応じた中挽き6段階を用意。 続く「蒸らし」の作業では、 美味しいコーヒーを作り出す「少量のお湯を少しずつ馴染ませる」という蒸らし作業により、 お湯を一気にかけた場合に生じる、 豆の微細な穴から空気が抜けず、 コーヒーを十分に抽出できない現象を回避。

また、 蒸らし・ドリップ時間を変えることで実現したコーヒー濃度の変更機能では「濃」「淡」の二段階設定で、 好みの味に調整できる。

さらにフィルターは、 ペーパーではなくステンレスを採用したことで、 豆の油分を余さずコク深いコーヒーを楽しめる。

この仕様によりコーヒー1杯あたりの単価を抑えられるほか、 ペーパーのゴミも生じない。

加えて、 最大容量750mL(カップ6杯分)の水タンクには水量の目安を記載し、 これからの時期にあうアイスコーヒーに最適な水量も一目でわかる。

水タンクとミル付き容器は取り外して丸々洗えるほか、 コーヒーサーバーもガラス製でいつでも清潔に保てる。

なお、 2020年6月11日から6月25日までの期間、 「コーヒーメーカー試して予約キャンペーン」として、 通常販売価格の1万3800円から3820円OFFとなる9980円で予約販売。

また、「スマートホーム はじめてセット」では、 最大6000円OFFの「寝室ドア連携セット」「寝室ライト連携セット」「リビング連携セット」の3セットを用意。 いずれも+Styleデバイス連携をお試ししやすく組み合わせた。

主な仕様

関連情報:https://plusstyle.jp/shopping/PS-CFE-W01

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。