人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

6月から施行された「パワハラ防止法」の基礎知識とそれに基づく賢い対処法

2020.06.21

パワハラ防止法が6月に施行された。どんな内容?そもそもパワハラの定義って?などが一気にわかる記事をまとめてご紹介しよう。

パワハラを受けたらどこに相談したらいい?

「パワハラ」の定義、きちんと説明できますか?

パワハラの相談件数は年々増加しており、平成30年度には80,000万件を超え ている。(※1)そのような流れを受け、大企業では2020年6月1日から、中小企業は2022年4月1日から通称「パワハラ防止法」が施行される。 自分自身が被害を受けている場合はもちろん、知らないうちに加害者にならないよう、ビジネスパーソンとして、パワハラの定義をしっかりと確認しておくことが重要だ。本記事では、厚生労働省のパワハラの定義を読み解いていく。

【参考】https://dime.jp/genre/929728/

知ってる?6月から施行された「パワハラ防止法」の基礎知識

パワハラの相談件数は、年々増加傾向にあるのをご存知だろうか。そのような背景から2020年6月1日「パワハラ防止法」が施行され、企業のパワハラ対策が義務化された。 本記事では、パワハラ防止法とはどのような法律なのか、具体的に何をしなければいけないのかを解説する。企業の人事担当者だけでなく、労働者側に求められる事項もあるため、すべてのビジネスパーソンは内容を確認してほしい。

【参考】https://dime.jp/genre/932799/

パターン別に解説!どこに相談したらいいのかわからない人のためのパワハラ被害の相談先

2020年6月1日から、通称「パワハラ防止法」が施行された。これにより、大企業はパワハラ対策が義務となり、あらゆる面で改善が求められている。教員や公務員など、あらゆる職種、業界でパワハラが問題になっており、会社員だけにとどまらない。 そこで本記事では、パワハラの被害を受けている方がどこへ相談をすべきか、自分が周囲からパワハラの相談を受けた時はどのように対処すれば良いか解説する。

【参考】https://dime.jp/genre/933346/

「これってパワハラ?」と感じた時に自分でできる賢い対処法

パワーハラスメント(以下、パワハラ)は、年々増加の一途をたどっている。もし今、「これってパワハラかも?」と思うようなことがあったら、どのように対処すればいいのだろうか? 今回は、まだ明らかにパワハラと判断はむずかしいケースで、自分で対処できる賢い対応法を、米国NLPコーチング研究所公認プロフェッショナルコーチの有岡秀郎さんにアドバイスしてもらった。

【参考】https://dime.jp/genre/867634/

文/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。