人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

マンションを購入する時に「あると良いと思う機能・設備」ランキング

2020.06.19

マンション選びは○○が決め手。理想よりもシビアな現実

東日本レインズが1月に発表した「首都圏不動産流通市場の動向(2019年)」によると、中古マンションの成約件数は2年ぶりに前年を上回って38,000件台となり、過去最高を更新した。今、マンションが売れている理由とは何なのか?

今回発表されたFLIEの「マンションの購入」についての調査結果によると、マンションの購入や購入の検討をした理由では「自分の家が欲しかった」(50%)となり、以下「家賃がもったいない」(32%)、「老後を考えて」(24%)、「家賃の更新時期に近づいた」(14%)と続いている。

また、「結婚」「家族が増えた」(共に12%)、「子供の入園・入学」(6%)などの家族構成の変化や「転勤・転職」(2%)の就労状況の変化などライフステージの変化によるものは32%で、「投資目的」は12%だった。

それでは、マンションを選ぶ決め手は何なのか。

最優先する条件で最も多かったのは「価格」と「地域・沿線」(共に22%)でした。以下「交通の利便性」(10%)、「間取り」「周辺環境」「広さ」「構造・耐震」(各6%)となった。

2番目に優先する条件でも「価格」(18%)は最多で、「周辺環境」(14%)、「間取り」「駅・バス停からの所要時間」(共に12%)、「交通の利便性」「物件そのもの」(共に10%)。

3番目に優先する条件でも最多は「価格」(20%)で、「交通の利便性」(14%)、「間取り」(12%)、「広さ」(10%)と続いた。

これにより、価格を重視している人は60%となり、理想というよりもシビアに現実を見ていること、また、価格以外では、立地や住環境を優先する人が多いことがわかった。

また、最も良いと思う機能・設備では「床暖房」と「モニター付きインターホン」(共に18%)、2番目は「ウォークインクローゼット」と「浴室乾燥機」(共に10%)、3番目は「ウォークインクローゼット」と「床暖房」(共に14%)が最多だった。

トータルでは1位「ウォークインクローゼット」(40%)、2位「床暖房」(38%)、3位「モニター付きインターホン」(30%)となった。

調査概要

調査地域:首都圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)
調査対象:マンションを購入または購入の検討をしたことがある25歳以上の男女
調査内訳:マンションを購入したことがある(48%)、購入の検討をしたことがある(52%)
有効回答数:50サンプル
調査手法:インターネット調査
調査期間:2020年2月17日~2月29日

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。