人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

食べないと損!大阪、京都の高級ホテルが提供するコスパ最高のテイクアウトランチボックス3選

2020.06.20

「自炊疲れ」の中、たまにはテイクアウトやデリバリーで自炊を休憩するのも良さそうだ。各高級ホテルが提供するランチのテイクアウトは、より贅沢感を味わえる。今回は京都と大阪のランチテイクアウトを3種紹介しよう。

京都悠洛ホテル Mギャラリーのテイクアウト用「ランチボックス」

アコーホテルズグループが運営するブティックホテル、京都悠洛ホテル Mギャラリーがテイクアウトのランチボックスを5月1日から開始。一時期休館になったが、6月1日から再開した。

“Inspired by her”をキーワードに、女性旅行客に対する徹底したこだわりを持った「女性に喜ばれるホテル」だけあって、そのランチボックスは見た目も中身も洗練されている。

メニューは、「ハンバーグステーキ BBQソース」「豚バラ肉のロースト トマトサルサソース」「鶏のトマト煮込み プロヴァンス風」「ベイクドサーモン ラヴィゴットソース」の全4種。日替わりで1種類を販売中。

いずれも「フランスの家庭料理を気軽に食べれるテイクアウトボックス」をテーマに、アーティーチョークやオリーブ、ガーリックなど南仏を思わせる食材がふんだんに盛り込まれている料理が特徴となっている。

全4種のランチボックス

当日のメニュー、「鶏のトマト煮込み プロヴァンス風」をイートインスペースで試食させてもらった。

「鶏のトマト煮込みプロヴァンス風」

乳脂肪分を一切使っていないヘルシーな鶏のトマト煮込み

ブロッコリー、エビ、セロリのカレー風味のサラダ仕立て

キュウリ、フェタチーズ、トマト、オリーブのギリシャ風サラダに大きめのサーモンが!

高級感あふれる生ハムとサラミ

デザートにはホテルで作っているマドレーヌも!

この充実の内容で、税抜1,500円。フレンチのビストロの前菜で使うラヴィゴットソースで味付けしているなど本格的であるだけでなく、ボリューム感もあって満足感はかなり高かった。惣菜はパンやお酒に合う印象を受けたため、少し遅い時間にお酒のお供にしても良さそうだ。現在、なかなか積極的に外食とはいかない状況だが、このフランスの家庭料理を気軽に食べられるテイクアウトボックスは外食の代わりに十分なりうる。

このランチボックス提供の背景について、田中総支配人は次のように話す。

「なかなか外出・旅行ができないという中で、少しでもホテル周辺の方々に旅行気分を味わっていただきたい、気軽にホテルの味を楽しんでもらいたい、という思いでランチボックスを始めました。ご近所にお住まいの方や勤務されている方はもちろん、三条大橋を東へ渡ってすぐの立地でもありますので、鴨川でジョギングや散歩をされている方の休憩場所としてイートインスペースもご活用いただければと思っています」

2020年11月下旬には二条城エリアにMギャラリーの別邸が開業予定だそうだ。旅行や出張の折に立ち寄ってみるのもよさそうだ。

●京都悠洛ホテル Mギャラリー「テイクアウトランチボックス」

販売期間:未定
販売時間:午前11時~午後2時(数量限定、なくなり次第終了)
※イートインスペースでの飲食も可。
住所:〒605-0009 京都府京都市東山区大橋町84
予約・問い合わせ:075-366-5807(54TH STATION GRILL/8:00~17:00)
https://kyotoyurahotel-mgallery.com/ja/offers/takeoutlunchboxjp/

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。