人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

文科省の基準をクリアした2in1パソコン「dynabook K1」はどこまでオンライン学習用に適しているのか?

2020.06.19

2020年度から小学校でプログラミング教育が必修課程となったのをご存じだろうか。我々の時代では考えられなかったが、ネット社会を育っていく子供たちにとって、パソコンと触れ合う時間はもはや「当たり前」のものなのだろう。

また、新型コロナウイルス感染拡大の影響で高校、大学に通学するのが難しく、オンライン授業に取り組んでいる学校も多い。そんなオンライン授業に最適な2in1タイプのノートパソコンとして紹介するのが、「dynabook K1」だ。教育現場の声を取り入れたという同製品は、文科省が例示した、学習者コンピュータについての標準仕様の基準を満たしている。そこで実機を別売りのタッチペンと一緒に借りて、その使用感を確認してみた。

狭い机での使用も可能な自立デザインや目に優しい液晶画面が搭載

では、早速dynabook K1を使用していこう。付属するワイヤレスマウス、別売りのタッチペンと一緒にその使用感を解説していく。

タブレットとしてもノートパソコンとしても使用可能な2in1タイプ

dynabook K1は、キーボードが液晶画面から取り外し可能なデタッチャブルタイプの2in1パソコン。液晶は10.1インチでノートパソコンとしてはコンパクト、タブレットとしてはそこそこの画面サイズだ。本体重量は約610g(キーボード接続時約1.18g)となっており、持ち運びにも最適だろう。

スタンド不要の自立デザインで省スペース

ノートパソコンとして使用する際、液晶部分を支えるスタンドが付いているモデルが多い2in1タイプだが、この製品は完全に自立し、普通のノートパソコンと同様に使用可能。パソコンの奥にスペースを必要としないので、小さな机の上でも十分に作業が可能だ。

着脱式ながら打鍵感の良いキーボード

2in1タイプの着脱式キーボードは、軽量化やコンパクト化のために打鍵感が犠牲となっている場合が多い。しかし、dynabook K1の付属キーボードは薄さや安っぽさがあまりなく、比較的打ちやすい印象を受けた。キーピッチが17㎜、キーストロークが1.2㎜と、その部分にもこだわりが見られる。もちろん、普段から外付けのキーボードなどを使用している人からすると物足りなさを感じるかもしれないが、ストレスを感じるようなものではないだろう。

付属マウス・タッチペンが作業の幅を広げる

dynabookシリーズの特徴でもあるが、ワイヤレスマウスが付属するのもありがたい点。子供用にマウス操作を練習できるアプリも搭載されているので、パソコンデビューにも向いていそうだ。別売りのタッチペンは、絵やメモを紙に書くような感覚で自然な書き心地を楽しめる。普通のノートパソコンではなく、創作の幅が広がるのも2in1タイプならではだ。

2つのカメラ搭載でオンライン授業や自由研究でも活躍

背面と前面にそれぞれ、約500万画素・約200万画素のカメラを搭載。オンライン授業に使えるだけでなく、背面カメラで昆虫や花の写真を撮り、そのままコメントを追加すれば自由研究にも活用できそうだ。

斜めから見てもきれいに見える広い視野角、映り込みの少ないノングレア液晶

子供が学習に使用する際、親が一緒に画面を見ることもあるだろう。dynabook K1は斜めから見てもはっきり画面が見える広い視野角に加え、太陽光や蛍光灯の下でも映り込みの少ないノングレア液晶が採用されているので、そういった使い方にも最適だ。

厳しいテストに合格した堅牢ボディ

子供が使う上で、心配なのが落下や圧迫による故障。この観点から子供に精密機器を与えるのをためらっている人も多いのではないだろうか。この製品は、長期使用の不具合を短時間で検証して設計にフィードバックできる高加速寿命試験(HALT)をはじめ、厳しい評価基準を課した徹底した品質テスト(コネクタこじり試験、ヒンジ開閉試験、振動試験、100kgf面加圧試験、76cm落下試験、30cc防滴試験など)を実施し、すべての評価基準をクリアしている高い堅牢性を誇っている。

約16時間の大容量バッテリーは急速充電に対応

自由研究などに用いる場合、持ち運びの機会も増えるだろう。そんな時、バッテリー性能も気になるポイントの1つ。フル充電で約16時間の連続使用が可能な大容量バッテリーを搭載し、バッテリー駆動時間の約40%を30分で充電できる「お急ぎ30分チャージ」にも対応。学習時間の休憩中などにサクッと充電しても、電池切れの心配は少ない。

小さい子供や初めてのオンライン授業に最適な2in1パソコン

dynabook K1は、CPUの性能やメモリ容量を見れば、ビジネス用途のメインパソコンとして使うには少し物足りないだろう。しかし、カメラ性能や堅牢性、バッテリー性能などの観点から、プログラミングを学校で習い始めた小学生の初めての製品に最適なモデルだ。また、Officeソフトも標準で搭載されているので、オンライン授業が始まった高校生・大学生にも、映像授業だけでなく、レポート作成などといった使用方法でもおすすめできる。

取材・文/髙見沢 洸

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。