人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

暑がり派に朗報!室温28℃でも湿度を下げれば疲労軽減の効果あり

2020.06.15

環境省は「冷房時の室温28度」を推奨している。寒がりな人にとっては歓迎すべき室温かもしれないが、暑がりな人にとっては由々しき問題だ。そのため、この「28度」をめぐり、寒がり派と暑がり派の熾烈な攻防が繰り広げられているオフィスもあるだろう。

理化学研究所(以下、理研)とダイキン工業株式会社(以下、ダイキン工業)の連携組織である「理研BDR-ダイキン工業連携センター」ではこのほど、2017年より取り組んでいる快適で健康な空間づくりに向けた共同研究において、夏季のオフィス環境における快適性や疲労の改善に有効な温度・湿度の検証試験を実施した。

その結果、室温28℃でも湿度を55%以下に保てば快適性が向上し、さらに40%以下であれば疲労も軽減できることが実証された。

以下に、試験詳細と検証方法を紹介していく。

■試験詳細
一定の温湿度環境と、ヒトの疲労度との関係を明らかにすることを目的とした実証試験を実施した。疲労の評価については、ヒトの主観に基づく心理的な評価指標と、課題成績や心拍変動解析を用いた自律神経活動等の生理的な指標を用いた。

パソコン操作など集中力を要する作業を与え、温湿度環境がおよぼすヒトへの心理・生理的な影響を検証した。試験は、ダイキン工業の空調制御技術により精緻に統制された温湿度環境内で、夏季の一般的なオフィスの環境を想定し、室温24℃から30℃、湿度40%から70%の範囲で行った。

1)検証方法

試験環境として温度4条件(24、26、28、30℃)と湿度3条件(40、55、70%)を組み合わせた計12条件の温湿度環境を設定した。健康な成人の参加者(男性57名、女性57名、年齢 40.6±12.5歳)に協力をいただき、疲労負荷をかける認知課題(Advanced Trail Making Test)を与えて、10分ごとに疲労感や快適性などについての心理的な評価を行ってもらった(図1)。

試験中は携帯型の心電計を装着することで、疲労に伴う心拍変動を常時記録した。また自律神経支配を受ける心拍間隔の周波数解析を行うことで、疲労に伴う自律神経バランス状態を推定した。

図1:試験条件と課題概要

図2:試験のプロトコル

温湿度12条件での試験を行った。それぞれの環境下で、試験開始前に試験環境に体を慣らすため10分間の順化時間を設け、試験の開始と終了時には安定した心電波形を得るため5分間の安静時間を設けた。試験開始後は10分間の認知課題を計6セット繰り返して実施し、その前後に2分間の心理的評価を行った(図2)。

2)検証結果

■心理的な影響の検証

・体感温度
30℃条件では湿度を低くするほど体感温度が低く感じられた。28℃条件では湿度を55%以下に調節すれば、より涼しく感じられることが確認された。

図3:調湿による体感温度の軽減

・不快感・疲労感
快適性については、26~30℃までの幅広い室温条件において、湿度を下げることで不快感が軽減されることが明らかになった。

疲労感については、室温28℃、湿度40%の条件下において顕著な低下が見られ、55%以下でも軽減の傾向が見られた(図4)。

図4:調湿による疲労感と不快感の軽減効果

■生理的な影響の検証

・自律神経活動LF/HF
これまでの研究からも、心拍数は室温の上昇に伴って増加することが知られているが、自律神経活動の指標となるLF/HF値についても有意な上昇がみられた。この結果は室温の上昇に伴って体温調節機能を司る自律神経系への負荷も増加している可能性を示している。

図5:温湿度に対する自律神経指標

一方で、夏季に想定される温度環境(24~30℃)では湿度を70%から40%に下げることで、心拍数に関する有意な抑制効果がみられた。自律神経指標については、個人差が大きく低減の傾向のみが確認できた。これらの結果から、室温のみならず湿度を調整することで心拍数の上昇が抑えられ、身体への負荷を下げられる可能性が示された。

図6:調湿による生理的影響 ※24~30℃の主効果

■性別による違い(心理的影響の検証)

男性は24-26℃、女性は26℃で最も快適性が高くなる傾向がみられたが、女性の場合は、28℃でも湿度を55%以下に抑えることで、室温26℃の時と同等の快適性を感じられた。一方で、男性は28℃で調湿するよりも温度を24-26℃に下げる方がより良い評価が得られた。

また湿度40%の環境下では、女性の場合、温度を24℃まで下げると評価が悪くなったが、男性は女性の時に示された不快感の増加は見られなかった。

これらの結果から、夏季の作業環境においては、室温だけでなく湿度を下げることが不快感の軽減につながると言えるが、男女の基礎代謝の違いにより、女性の場合は24℃まで下げてしまうと、寒さで不快に感じる人が増えることが確認された。

図7:性別による違い

出典元:ダイキン工業株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。