人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

安全性能だけじゃない!ドイツ御三家とは違うプレミアム感を纏ったSUV、ボルボ「XC60 B5」の完成度

2020.06.16

乗り心地はエアーサスペンションということもあり、おおらかでストローク感ある上質なタッチに終始。ただ、低速域、荒れた路面では、さすがに19インチタイヤの硬さ、ゴツゴツ感が伝わってくる。とはいえ、速度を上げていくにしたがって、フラットで快適な乗り心地になる。もし、乗り心地重視でXC60を選ぶのであれば、18インチタイヤとなり、シートもふんわりとしたファブリックになるモーメンタムグレードを検討すべきだろうか(長距離ドライブで威力を発揮する前席シートマッサージ機能は付かないが)。

操縦性もまた、おおらかだ。キビキビしたスポーティー感覚は薄いが、そのぶん、リラックスした運転、ドライブが可能になる。そう書くと、穏やかすぎる性能のクルマだと思いがちだが、カーブや山道での安定感は見事で、ほぼ水平感覚の走行を披露。もちろん、250ps、35・7kg-mを誇る2Lターボ、マイルドハイブリッドエンジンの動力性能は文句なしに力強い。ドライブモードが、もっとも加速力が強まりスポーティーな走行も可能なダイナミック(コンフォートに対して車高20mmダウン)でなく、デフォルトのコンフォート、走りが穏やかになると同時に燃費も向上するエコ(コンフォートに対して車高10mmダウン)でも、交通の流れをリードする速さを身に着けている。

ちなみに、オフロードモードでは、車高がコンフォートに対して車高40mmアップし、デフロック機能とヒルディセントコントロールが働くから、悪路や雪道、急な坂道などで威力を発揮。オールラウンダーとしての安心・安全を担保してくれるのだ。

先にマイルドハイブリッドによるモーターアシストがあると記したが、それは加速時の微力なアシストだけにとどまらない。そう、アイドリングストップ復帰時の音、振動がほとんど気にならないレベルまで低減する効果とともに、エンジンが2気筒になった際のトルクの瞬間的な落ち込みをカバー。実際、高速クルージング中、2気筒になっても、トルクの落ち込みや音・振動の変化に気づかされることはなかった。最新制御の面目躍如といったところだろう。

そうそう、このXC60 B5 AWDには31万円のエアーサスペンションがオプション装備されているが、よりシャキッとした走りを望むなら、標準サスペンション選ぶといいかもしれない。が、アウトドアライフ、愛犬とのドライブの機会が多いというなら、エアーサスペンションをオプション装備する意味が強まる。理由は、人の乗降や荷物の積載にも有利に働くからだ。ラゲッジルームのスイッチ操作で任意に車高を20-30mmほど下げることができ、シニアや子供、小柄な女性の乗降性を高めてくれることはもちろん、アウトドアの重い荷物の出し入れ、さらに後席や荷室にジャンプして乗り込む愛犬にもうれしい機能装備となるからだ。

最新のボルボは安全性能においても世界最高水準だ。なにしろ、15種類以上の世界最先端の先進安全技術を満載。歩行者やサイクリストに対応する衝突軽減ブレーキはもちろん、逆走による衝突事故を回避する対向車対応機能、そして、衝突回避支援として機能する、車線変更時などで、ブラインドスポットモニターと合わせて威力を発揮するステアリングサポートなどをフル装備。そのステアリングサポートは特筆すべき機能で、車線変更による接触事故、危険を察知すると、強いステアリングアシストで元の車線にグイッと引き戻してくれる、うっかり起こりうる接触事故を未然に防いでくれる高度な機能として注目に値する。

今、世界中で勢いに乗るボルボ。この最新のXC60 B5は、古くから定評ある基本的な世界最先端の安全性能に、センス抜群のエクステリア、インテリア、上質な走行性能、世界最高峰の先進安全装備、電動化が加わるだけでなく、ドイツ御三家とは違う粋なプレミアムSUVという選択であるところが、はっきり言って、大きな魅力と言っていい。

ボルボXC60 https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/xc60

文/青山尚暉

モータージャーナリスト。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。自動車専門誌の編集を経て、現在、モータージャーナリスト、愛犬との快適安心なカーライフを提案するドッグライフプロデューサーのふたつの肩書を持つ。小学館PETomorrowでも「わんこと行くクルマ旅」を連載中。最新刊に「愛犬と乗るクルマ」がある。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。