人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

写真を撮るのが楽しみになる!月替わりでケーキが届くスイーツのサブスク「LikeSweetsBOX」

2020.06.15

サブスクリプションサービスが身近になっている昨今だが、なかでもメジャーなジャンルが「グルメ」ではないだろうか。2020年4月に登場した『LikeSweetsBOX』は、美味しさだけでなく、写真を撮りたくなる素敵なスイーツ体験を月替わりで届けてくれるサービス。今回は、その魅力について取材を行った。

―『LikeSweetsBOX』、実際に使用させていただいたのですが、美味しいケーキが食べられるだけでなく見た目も可愛く、ボックスを開けた瞬間から幸せな気持ちになりました。開発者様から見たこだわりのポイントはどこにあるのでしょうか?

竹林拓(以下竹林さん):ありがとうございます!InstagramなどのSNSで人気のスイーツや、写真を撮りたくなるスイーツを独自に調査し、企画しています。

瀧島誠士シェフ
2019年10月に世界1位を受賞した瀧島誠士シェフをはじめとした有名パティシエ達がレシピを監修しており、実際に手作りしているのがポイントのひとつです。
また、食空間コーディネーター pmhemamaさんなどが監修したフォトジェニックな食器やカトラリーをセットにしてお届けしています。

―食器を購入すると場所がとられてしまいますが、『LikeSweetsBOX』はレンタルなのが嬉しいですね。

返却用ボックスつきの食器セット

竹林さん:そうなんです。食器やカトラリーを交換したくなったら専用の食器箱に入れて返送していただくと、簡単にチェンジできる仕組みを実現しています。

―実はスイーツを普段あまり食べないのですが、甘さが控えめで飽きずに食べられたのが印象的でした。味やラインナップを考えるうえでこだわったポイントはありますか?

竹林さん:出来立てをすぐに冷凍するため保存料を使わず、糖質をなるべく抑えて素材の味を引き出しています。また、シーズンにあったレシピを選定・アレンジし、シーズンごとのトレンドを元にラインナップを考えています。

5月度のケーキ

たとえば、5月度の前半は、子どもの日や母の日で盛り上がるシーズンなので、そのタイミングでも利用できるような「お祝い」を意識した仕上がりを心がけました。

―スイーツを通して季節感も味わえるのは素敵ですね!今までに前例がないサービスなので、苦労も多かったのではないでしょうか?

竹林さん:おっしゃる通りです。スイーツだけでなく、食器もセットにしてお送りするサービスは世界初。参考事例もなくゼロから考えたので、配送や在庫管理の仕組みを整えるのに苦労しました。具体的には、配送効率を最大化するために、配送会社様のトラックの内寸、トラックの中の台車のサイズ、製造するケーキのサイズ、保管するスペースのサイズなどをすべて計算。配送用の箱や各種製造の型なども一から設計し、配送時の導線を考えました。

また、フォトジェニックとは何なのか、答えがないテーマなので、どうケーキを完成させるのか色々悩みましたし、日々挑戦の連続です。

―配送・在庫管理に至るまでユーザーファーストを貫いている印象ですが、消費者の方からの反応はどのようなものでしたか?

竹林さん:3月より1ヶ月ほど事前登録の募集をしていたのですが、4000名を超える応募がありました。販売開始後も製造が間に合わないほど、売切れも多い状況です。

年齢層は20〜40代まで幅広く、男性の方からも「美味しすぎる」と高評価をいただいております。また、「完成度に感動した」といったご連絡もありました。美味しさに対してネガティブなご意見を1件もいただいたことがないので、運営側としても驚いています。

―日々、開発・製造に至るまでこだわり抜いているからこそですね。最後に、開発者様が今後挑戦したいことを教えていただけますか?

竹林さん:シェフ達が何でも作れてしまうので、他のスイーツや、コーヒー・紅茶などの飲み物、テーブルウェアなどの展開を考えています。そのための特許取得を申請しているので、ぜひ楽しみにしていただきたいです。

―本日は、ありがとうございました!

まとめ

今までになかった「写真映え」という切り口から、レンタル食器やカトラリーもあわせて提案してくれる『LikeSweetsBOX』。もちろん、見た目だけではなく、パティシエが監修したスイーツなので味もお墨つき。今まで「味がよければすべてよし!」と思っていた筆者だったが、今回の『LikeSweetsBOX』体験を通じて、食器に興味を持ったり、自分でも今まであまりつくってこなかったスイーツをつくってみたいと思うようになった。

スイーツ好きな方だけでなく、これから新しい趣味を発見したいという方や写真好きな方にもぜひ試していただきたい。新しい世界が広がること間違いなしだ。

取材・文/高橋まりな

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。