人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

フリーランスのコンサルタントが活躍するために必要な能力TOP3、3位プレゼン力、2位マーケティング力、1位は?

2020.06.15

企業の経営課題を解決し、経営を支える「コンサルティング業」。企業によっては、コンサルタントの存在なくしては、経営が成り立たない場合もある。

では実際にコンサルタントは、今の働き方や満足度も含めてフリーランスという選択に関してどう考えているのだろうか。

そこでヒューマン・コネクトは、コンサルティングファーム在籍者1000人を対象に、コンサルティング業の働き方に関する調査を実施した。

コンサルタントとしてフリーランスで活躍するために必要な能力

「今の働き方を変える際の選択肢を教えてください」と質問したところ、『事業会社へ転職(40.2%)』と回答した人が最も多く、次いで『他のコンサルティングファームへ転職(39.8%)』『フリーランスになる(19.1%)』と続いた。

1人でも活躍できるイメージのあるコンサルティング業だが、意外にもフリーランスになるという選択をする方は2割未満と、まだ少数派のようだ。

フリーランスになることのメリット・デメリット

「フリーランスで働くことのメリットを教えてください」と質問したところ、『仕事が自由に選べる(31.3%)』と回答した方が最も多く、次いで『収入アップ(29.1%)』『働く時間・場所が選べる(25.5%)』『副業をすることができる(9.4%)』と続いた。

組織に属して働く場合は、会社の方針に従って自身の意に反したり、キャリアの足しにならない仕事も受けざるを得ないこともあるだろう。

しかし、フリーランスの場合、仕事自体を受ける・受けないの決断を自分で選択することが可能になり、自由に働くことができる。

反対に、「フリーランスで働くことのデメリットを教えてください」と質問したところ、『全て自己責任(33.2%)』と回答した人が最も多く、次いで『全てを自分でやらないといけない(27.9%)』『業界の動向に左右される(17.8%)』『収入の不安定さ(17.7%)』と続いた。

組織に属して働く場合であれば、仕事で何かトラブルが発生した場合であっても、守ってくれる上司や会社の存在があるが、フリーランスの場合、全ての責任が直結して自身に降りかかってくる。

フリーランスのメリットとして仕事が自由に選べることが挙げられたが、一方で選んだ仕事は、何があってもやり遂げる強い意志と責任感が非常に重要となってくるだろう。

フリーランスになるという選択はあるものの、メリット・デメリットの両面をみて、足踏みしているようだ。

ではコンサルタントとして、フリーランスで活躍するためには、どのような能力が必要なのか。

「フリーランスになるためには何が必要だと思いますか?(複数回答可)」と質問したところ、『コミュニケーション能力(49.7%)』と回答した方が最も多く、次いで『マーケティング能力(41.7%)』『プレゼン力(38.6%)』『情報収集・分析能力(34.6%)』『価格交渉力(24.1%)』と回答した。

1人もしくは、少人数で仕事をこなすフリーランスという働き方は、クライアントをはじめ外部と接触する機会も多い。そのため、どのような人とも円滑にコミュニケーションが図れる能力は磨いておく必要があるようだ。

コンサルティング業の働き方に関する調査

調査期間:2020年2月14日(金)~2020年2月16日(日)
調査方法:インターネット調査
調査人数:1,107人
調査対象:コンサルティングファーム在籍者
モニター提供元:ゼネラルリサーチ

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。