人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

生配信も録音配信もOK!誰でもラジオのDJになれる配信サービス「Spoon」が若者に人気

2020.06.18

Spoon

Spoon

 脳が〝ゾワゾワする感覚〟を味わえると話題の、立体音響や咀嚼音などのASMR。今、こうした「音コンテンツ」が注目を集めている。

 2018年、Mykoonは、「人の声」に焦点を当てたサービス「Spoon」の提供を開始。同サービスを使えば、誰でも無料で自分のラジオ番組を配信できる。

 同社は、オーディオコンテンツにユーザーが作る「UCC(User Created Content)」が少ないことに着目。動画のように顔出しをする必要がないため、配信のハードルが低く、10代から20代を中心にブームを巻き起こしている。

 Mykoonマーケティング担当の中西氏は「配信者にとっては〝飾らない自分を思い切り表現できる場〟として、リスナーにとっては普段の日常に〝耳からの小さな幸せ〟を得られる場であってほしいと思っています」と語る。

 Spoonの主な機能は、リアルタイム配信の「LIVE」、収録した音声を配信する「CAST」、特定のお題にみんなが声で反応する掲示板「TALK」の3つ。もちろん、配信をせず、聴くだけの利用も可能。SNS感覚で利用できるため、コミュニティーでやりとりを楽しむのもおすすめだ。

 配信者の中心は、まだまだ10代から20代が中心。今後、30代以上の配信者が増え「若者が使うもの」というイメージを払拭できるかが、ヒットの鍵となりそうだ。

Spoon

配信されているラジオのジャンルは、弾き語り・モノマネ・雑談・朗読・大喜利など多岐にわたる。

『君は放課後インソムニア』

週刊ビッグコミックスピリッツで連載中の青春漫画『君は放課後インソムニア』にも眠れない同級生のために「1人だけ聴けるラジオ」を配信するシーンが描かれている。

取材・文/久我裕紀

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。