人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

性格、お金、器量、イマドキの独身女性が交際相手を決める時に最も外せない条件は?

2020.06.12

性格?見た目?お金? 女性700人に聞いた!「付き合う相手を決めるときに外せない条件」

男にとって永遠のテーマが「どうしたらモテるのか?」ということ。

今回TOBEは恋愛結婚学研究所と共同で、女性が「付き合う相手を決めるときの外せない条件」と「プロポーズを引き出すためにやること」について、愛カツの女性読者に調査を実施した。好きな相手がいる人は必見だ。

まず、愛カツの女性読者703人に「付き合う相手を決めるときに外せない条件」を聞いてみた。

その結果、1位は「性格が良ければ付き合う」(212人・全体の30.2%)、2位は「顔と性格が良ければお金がなくても付き合う」(131人・全体の18.6%)、3位は「性格が良くてお金があれば顔が悪くても付き合う」(108人・全体の15.4%)になった。

「性格の良さ」が付き合う条件の回答が上位を独占。「すべてが理想通りの完璧じゃないとイヤ」を加えると、7割以上の女性は、付き合う相手に「性格の良さ」を求めているようだ。

一方、「どんな人でも付き合う」(42人・全体の6.0%)、「すべてが理想通りの完璧な人じゃないとイヤ」(63人・全体の9.0%)という回答もあった。

付き合う相手にこだわりの無い人、逆に完璧な人を求めている人も少ないですがいるようだ。

また、アンケートの回答を見てみると、女性は「性格」「顔」「お金」の順に、重要視している人が多いことも分かった。

※集計期間は2月7日から2月27日の計21日間、703人が回答

付き合いが続いてくれば、結婚について考えるのが自然な流れ。そろそろ結婚したいと考え始めた女性は、どのように彼のプロポーズを引き出すのか。

愛カツの女性読者404人に「プロポーズを引き出すために何をする」のかを聞いてみた。

その結果、1位は「将来についての話をする」(113人・全体の28.0%)、2位は「『子供ほしいなあ』『子供かわいい』アピールをする」(60人・全体の14.9%)になりました。

彼に結婚を意識させてプロポーズを引き出すために、「将来」や「子供」という結婚を強く意識させる行動に出る女性が多いようだ。

「『結婚したいなあ』とぼやく」(45人・全体の11.1%)を加えれば、両親や友人など自分たち以外の人の力を借りず、直接彼に結婚を意識させる行動に出る女性が、半数近くいる。

一方、「あえて別れようとする」(24人・全体の5.9%)、「特になし」(57人・全体の14.1%)という回答もあった。

もしかしたら振られてしまうかもしれない、そのリスクをおかしてでも彼にプロポーズしてもらいたいと考える女性も、少なからずいるようだ。

また、14%の女性は特別なことをせず、彼からのプロポーズを待ち続けることも分かった。

ただ、全体として見れば、9割近くの女性は彼からのプロポーズを引き出すために、何かしらアクションをするようだ。

※集計期間は2月20日から2月27日の計8日間、404人が回答

今回、「性格」「お金」「顔」の3つの要素で、女性が付き合いたい相手の条件を調べた結果、「性格」を重視する女性が多いことが分かった。

他の調査結果を見てみると、付き合う相手だけでなく結婚相手に対しても、今回の結果と同様に「性格」(優しや価値観が合うなど)を重視する女性が多いようだ。

現代の女性は、「性格」が合わない相手と付き合うことで感じるストレスを、「お金」や「顔」が良いというハイスペックと呼ばれる条件では埋められないと感じている。

今では働く女性も増えて自分も稼いでおり、相手の「お金」については気にならなくなっている人も増えているのでしょう。自分がカバーできる条件ついては、付き合う相手の条件として求めないという考えが裏にはありそうだ。

そのため、以前は三高と呼ばれる「学歴」「収入」「容姿」を兼ね備えた男性が人気の時代だったが、今は三優と呼ばれる「私だけ優しい」「家族に優しい」「家計に優しい」を兼ね備えた男性が人気と言われている。やはり、今回のアンケートでも「性格」を重要視する女性が多いことを裏付ける結果となった。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。