小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【菅 未里の誘惑文具】テレワーク環境の整理整頓に使えるリヒトラブの自立するポーチシリーズ「HINEMO」

2020.06.12

■連載/文具ソムリエール菅 未里の「誘惑文具」

Q:リモートワークをするようになったのですが、仕事道具が整理できません。

A:新型コロナウイルスの影響でリモートワーク、在宅勤務が増えているようですね。本来は居心地がいい自宅ですが、「オフィス」として考えると、たしかに仕事道具の整理など課題があります。

しかし、そんなときこそ文房具の出番です。少し前から文房具メーカーは、新型コロナウイルスが話題になる前から増えていた新しい働き方、すなわちリモートワークやノマド、オフィス内で決まった席を持たない「フリーアドレス」に対応した商品を出していましたから、在宅勤務に役立つものもたくさんあります。

今回は、そんな中からリヒトラブの「HINEMO」シリーズをご紹介しましょう。

HINEMOはポーチのシリーズなのですが、ラインナップが豊富であることが特徴で、さまざまなサイズが展開されています。しかしなによりも、機能が素晴らしいのです。

まず便利なのが、すべてのポーチが自立すること。場所をとりませんし、収納した文房具を取り出しやすい上、ちょっとした衝立としても使えますから、自宅やカフェに即席のオフィスを作れます。

さらにすごいのが、リバーシブルになっている商品が多いことです。裏表を逆にしてジッパーを締めると、ポケットが外部に露出しますから、すぐに文房具にアクセスできます。したがってバッグインバッグとして、バッグに入れて使うときに便利です。

もちろん、単体でポーチとして使っても問題ありません。

仕事道具の一式を収納しておけば在宅勤務を助けてくれますし、そのまま通勤カバンに放り込めば会社でも使えます。大きいモデルはカバンとしても優秀ですね。ポーチ、バッグインバッグ、衝立、カバンと必要に応じてさまざまに姿を変えてくれるのです。在宅勤務の強力な味方ですね。

文/菅未里
構成/佐藤喬
撮影/篠田麦也

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。