人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ポストタピオカの急先鋒!?大人向けから子供向けまで楽しみ方が広がる「レモネード」の魅力

2020.06.10

タピオカドリンクの次なるブームといわれているレモネード。レモネード専門店も登場し、近年、注目が集まっている。そんなレモネード、実はアメリカではビジネスに関わる深い意味がある。また2020年6月9日(火)からはレモネードサワーがコンビニで先行発売されるなど、「大人」に関するトピックスが続いている。爽やかなレモネードで一足先に夏を感じよう。

レモネードを販売することがビジネスの第一歩に

アメリカの一般家庭では、夏休みに子どもたちがレモネードを手作りし、通りかかった人に販売する「レモネード・スタンド」が一種の風習となっている。

アメリカらしく、起業家精神を養うところからきているといわれるが、子どもたちがレモネードを自分で作って売るというところから、ビジネスに一歩踏み出すための定番の活動となっている。

その風習に倣い、体験型キャリア教育事業などを行う日本企業、バリューズフュージョンは「いいね!レモネード」という教育体験イベントを提供している。アメリカの風習をベースに、売上、原価、利益の説明から、接客ノウハウやPDCAサイクルに至るまで、参加した小学生がビジネスの原理原則を学べるオリジナル教育プログラムとして発展させたものだ。

新型コロナの影響でこの春の体験イベントは見合わせていたが、家庭でも気軽にレモネード販売によるビジネス体験ができる「おうちでいいね!レモネード」を発売した。

また、2020年7月1日(水)には、小学生の子どもたちがリアルビジネスを体験できるカフェ「いいね!スタンド表参道」をオープンする。ビジネス体験イベントは、今後の新型コロナ感染の状況および政府、都の方針も踏まえながら、事前申し込み予約にて7月4日(土)から再開する。

昨年の実施風景

PDCAのプロセスに関する座学のほか、外資系大手コーヒーチェーンでホスピタリティやサービスを学んだスタッフによる接客やドリンク作りの指導など、本格的なレモネード販売のビジネス体験が可能だ。

今年の夏は、自宅で子どもと一緒にレモネードを作ったり、子どもをイベントに参加させたりして、大人の仲間入りをさせるのもいいかもしれない。

アメリカ・カリフォルニアの原風景を想起させるレモネードのお酒がコンビニ先行発売

そして大人にとっても、レモネードを改めて楽しめる機会がやってきた。2020年6月9日から、全国のコンビニ、ファミリーマート・ローソン・ミニストップ・デイリーヤマザキ・NewDaysで“大人のレモネード”が先行発売された。

それは、「JINRO]で知られる眞露株式会社が、アメリカのサンキスト社の承認を得て作った「サンキスト(R)レモネード・サワー」だ。

サンキスト社はカリフォルニアとアリゾナで128年、古き良きアメリカの大農場時代から続く歴史を持つ。その深い歴史とカリフォルニアの原風景を想起させる、太陽と大地の恵みたっぷりの味を再現するため、サンキストの厳正な審査を経てレシピを開発。サンキストブランドとして世界初となるお酒となった。

飲んでみると、すっきりとした印象ながら、レモンサワーよりも甘酸っぱく、どこか懐かしい味わい。ほっとする非日常のひとときを感じられた。

同時発売の2種のオレンジ果汁を使用した「サンキスト(R)オレンジエード・サワー」も合わせて、チェックしておこう。


蒸し暑くなってきた今、レモネードはぴったりのドリンクといえそうだ。子どもから大人まで愛され続けるレモネード。大人の仲間入りをする意味でも注目といえそうだ。

【取材協力】
バリューズフュージョン「いいね!レモネード」
https://valuesfusion.jp/lemonade
JINRO「サンキスト(R)レモネード・サワー」
https://www.jinro.co.jp/special/sunkist/

取材・文/石原亜香利

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。