人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

−50°C~300°Cまで瞬時に測れる!DIME最新号の特別付録は食材や料理の温度管理に便利な「デジタル調理温度計」

2020.06.14

DIME8月号の特別付録は、なんと「デジタル調理温度計」! 電源を入れて温度計の先端を食材に差し込むだけ。5〜7秒で温度がチェックできるという優れもの。揚げ物の油をはじめ、パン生地作り、厚切り肉の調理などにも活用できる。本記事では一足お先に付録の活用法をご紹介します!

<ご購入はコチラ>
Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/B089J2RZT2

7net https://7net.omni7.jp/detail/1219684146

肉、パン生地、揚げ物の温度管理、ミルク作りetc.
−50℃~300℃まで食材の温度を瞬時に計測できる!

調理中の温度管理が仕上がりの決め手となる料理は、結構多い。特に揚げ物の油をはじめ、パン生地作り、厚切り肉の調理などは、的確な温度が料理の完成度を高め、失敗を防いでくれる。そんな料理に重宝するのが、特別付録の「デジタル調理温度計」だ。操作は簡単。電源を入れて温度計の先端を食材に差し込むだけ。5〜7秒で温度がチェックできる。趣味の料理や、共働き世帯の家事分担に「デジタル調理温度計」をぜひ役立ててほしい。

各ボタンの役割

電源を入れる時は「ON/OFF」ボタンを押す。次に、温度計のステンレス部分を食品に差し込むと、液晶画面に温度が表示。「HOLD」ボタンを押せば、温度表示がしばらく固定される。

※ご使用には単4電池(別売り)が必要です。

※先端が鋭利になっているので、ご注意ください。小さなお子様のいる家庭は危険ですので、お子様の手の届かないところに保管ください。

ステンレスの先端はたたんで収納可能!

計測時に食材へ直接差し込む棒状の先端部分はステンレス製。使用後にきれいに拭けるので、衛生的で安心だ。なお、この先端部分は180度回転し、コンパクトにしまえる。

〈おすすめの使い方 1〉天ぷら油の管理[適温:190~160℃]

海鮮は180〜190℃、かき揚げや根菜は170〜180℃、山菜は160〜170℃と、素材で異なる油の適温管理もしやすい。

〈おすすめの使い方 2〉コーヒーの抽出[適温:95~80℃]

抽出時の湯が90℃以上だと苦味が強く、75℃以下だと酸味が強くなる。豆に合わせて湯温を管理するのがプロの味に迫る第一歩。

〈おすすめの使い方 3〉ミルク作り[適温:80~70℃]

赤ちゃんの粉ミルクは湯がぬるいと粉が溶けず、熱湯だと栄養分が破壊される。一度沸騰させた湯を適温に調整するのが必須だ。

〈おすすめの使い方 4〉厚切り肉の加熱[適温:65~55℃]

レアやミディアムに仕上げたい厚切りステーキやローストビーフは、温度計で肉の中心温度を測ると理想の焼き加減に近づけられる。

〈おすすめの使い方 5〉パン生地作り[適温:27℃]

パンがうまく膨らまない最大の原因は、発酵時の温度管理。季節で気温の異なる日本では、デジタル調理温度計が欠かせない。

<ご購入はコチラ>
Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/B089J2RZT2

7net https://7net.omni7.jp/detail/1219684146

※電子版には付録は同梱されません。

取材・文・フードコーディネート/嶺月香里 撮影/藤岡雅樹(本誌)

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。