人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

急増する女性ブリュワー、コロナ禍で苦境に立つ醸造所、日本のクラフトビール業界の最新トピックス

2020.06.10

クラフトビール人気が高まる今、国内のクラフトビールにも様々な動きが。コロナ禍における状況や、女性ブリュワーが増えている理由などが一気にわかるニュースをお届け。

国産クラフトビールを救うためにファンができることって?

今、クラフトビール業界で女性ブリュワーが増えている理由

地場産もありますホップの華やかさあふれる!

クラフトビール界で女性ブリュワーたちの活躍が目立つようになった。  東京・大塚「NAMACHAん Brewing」の醸造長を務める米澤美里さんは大学2年の秋、たまたま訪れたビアフェスでビールのおいしさに触れたことがきっかけで、〝新卒〟でこの道に入った。 「友達にもこのおいしさを知ってほしい、多くの人に知ってほしい!」。それならブリュワーになるのが一番の近道というわけだ。

【参考】https://dime.jp/genre/891248/

SAVE the CRAFT BEER!コロナ禍で苦境に立つクラフトビールの戦略転換

近年大いに盛り上がってきた日本のクラフトビール界。大手メーカーもクラフトビールメーカーと提携したりコラボしたりして、人気の相乗効果を生み出していた。その右肩上がりのクラフトビールがコロナ禍で冷や水が浴びせられている。

【参考】https://dime.jp/genre/919356/

このままでは1年以内に国内の醸造所の半分が消滅!?国産クラフトビールメーカーを救うためにファンができること

前回の記事で近年盛り上がりをみせていた日本のクラフトビール界が新型コロナウイルスの影響で危機的状況にある。小規模な醸造所向けに樽のシェアリングサービスや、出荷した樽の追跡管理アプリを提供しているBEST BEER JAPAN(以下BBJ)が独自に行ったアンケート調査の結果によれば1年以内に日本の醸造所の半数がなくなるという結果が出た。

【参考】https://dime.jp/genre/919383/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。