人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

iPhone SEやPixel 3aを超えられるか?4万円で買えるXiaomiのスマホ「Mi Note 10 Lite」の完成度

2020.06.09

世界でのシェアを順調に伸ばしてきたXiaomiが、2019年末に日本初上陸したのは記憶にも新しい。中国メーカーらしく、性能の高い製品を比較的安価に販売しシェアを獲得してきたXiaomiだが、日本へ先に上陸していたHUAWEIや、タレントを起用したテレビCMを放送して知名度を上げてきたOPPOと比べると、その国内知名度はまだまだ低い。

そんなXiaomiが2020年6月2日にオンライン発表会を開催。先立って日本での発売を予告していたスマホ2機種のスペックと共に、価格や販路などを公表した。では、新しく日本での発売が決定した「Mi Note 10 Lite」と「Redmi Note 9S」をそれぞれ見ていこう。

ポスト「iPhone SE」の座は「Mi Note 10 Lite」のものとなるのか

まず紹介するのは「Mi Note 10 Lite」。日本で初めて発売されたXiaomiのスマホ「Mi Note 10」のスペックをマイルドにした、liteの名の通りミドルレンジスマホなのだが、その実力は総じて高い。

4眼の背面カメラを搭載

Mi Note 10 Liteでは4眼のアウトカメラを搭載。内訳は、6400万画素の広角カメラ、800万画素の超広角カメラ、500万画素の深度センサー、200万画素のマクロカメラとなっている。上位モデルのMi Note 10から望遠カメラをなくし、画素数が下がって入るものの、十分にきれいな写真が撮れるスペックを確保している。

こだわり抜かれた強化ガラスに自信あり

発表会中、何度も繰り返し強調されていたのが、ディスプレイ、背面共に「Corning® Gorilla® Glass 5」を搭載したという点。強度に優れ、品質の高いガラスを使用し、ミドルレンジを超越した高級感演出する。なお、ディスプレイは側面にカーブが施された6.47インチのフルHD+有機ELとなっている。

基本性能の高さはハイエンドに手の届く勢い

プロセッサにはQualcomm Snapdragon 730Gを採用。メインメモリ/内蔵ストレージは6GB/64GB、6GB/128GBの2種類から選べる。バッテリーは5260mAhの大容量で、急速充電にも対応しているので、外出時の電池切れの心配も少ないだろう。イヤホンジャックや、赤外線リモコンも搭載されている。

圧倒的コスパでスマホ界を牽引!

ミドルレンジとはいうものの、これだけの性能を搭載したMi Note 10 Lite。価格発表には期待と不安が入り混じったが、Xiaomiはユーザーの期待に応えてくれた。6GB/64GBモデルが3万9800円、6GB/128GBが4万4800円とかなりの低価格での販売となる。

同価格帯のライバル製品として考えられるiPhone SEやGoogleの「Pixel 3a」だが、ディスプレイ性能、カメラ性能、プロセッサやバッテリー性能など、いかなる面において他社を寄せ付けない性能だと自信をのぞかせていた。

Xiaomiスマホで最も売れているRedmi Noteシリーズの最新モデル「Redmi Note 9S」も登場

今回発表されたもう1つのスマホ「Redmi Note 9S」についても紹介していこう。そもそもRedmi Noteシリーズは、2019年に販売したスマホで世界4位の出荷台数を記録し、シリーズ累計販売台数が1億1000万台を超える、Xiaomiを代表するシリーズだ。その最新モデル「Redmi Note 9S」のコンセプトは「パワー」だという。

驚異の画面占有率とこだわりのデザイン

Redmi Note 9Sについて、まず紹介されたのが「タイニー・ドットディスプレイ」というインカメラの周囲に小さな穴をあけたデザインを採用した点。これにより、画面占有率はなんと91%にもなるというから驚きだ。ディスプレイサイズは6.67インチで、SNSなどの情報を1画面に多く表示できるよう、20:9という比率を採用。背面デザインは、人間が美しさを感じるといわれる左右対称となっている。

プロセッサはミドルレンジとして定番の700番台Snapdragon

4万円から6万円のミドルレンジスマホに良く搭載される700番台のQualcomm® Snapdragon™ 720Gを採用。メモリ・ストレージの構成は4GB+64GBか6GB+128GBから選べる。バッテリーはこちらも大容量の5020mAhを搭載しながら、8.8㎜の薄型モデルとなった。その他にも、電源キーと一体になった指紋認証センサーやイヤホンジャックも搭載されている

アウトカメラはこちらも4眼レンズ

Mi Note 10 liteと同様の4眼レンズとなったRedmi Note 9S。内訳は4800万画素の広角カメラ、800万画素の超広角カメラ、500万画素のマクロカメラ、200万画素の深度センサーの構成で、インカメラは1600万画素となっている。

この性能ながら3万円でお釣りがくる?!

ここまで紹介した内容を踏まえると、スマホに詳しい人であれば、おおよそ価格の予想がつくだろうが、おそらくそれは的中しない。主にミドルレンジスマホとしての性能を搭載したこの機種、4万円前後であれば妥当なところといったスペックだが、なんと4GB/64GBモデルが2万4800円、6GB/128GBモデルが2万9800円での販売と発表された。発表者の自信満々の表情にも納得がいく、驚きの高コスパスマホだ。

最新2モデルの発売は6月9日

この2モデル、どちらもすでに先行予約が始まり、正式な発売は6月9日からとなっている。日本上陸から約半年、これまで市場の拡大を目論んでいたXiaomiがついに日本のAndroidスマホ市場に旋風を巻き起こすかもしれない。

取材・文/佐藤 文彦

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。