人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

これがあれば独りでも寂しくない!心に寄り添ってくれるインテリア雑貨5選

2020.06.10

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

 今更言うまでもないことだが、人間には色んなタイプの人間がいる。常に誰かと一緒にいないと不安になる人もいれば、私のように自分の内面に興味があって、週末は大人数の飲み会に出かけるよりは自宅で読書をして一人でゆっくり過ごしたい人もいるだろう。ただ、後者のようなタイプも必ずしも人嫌いというわけではなくて、常に一人でいるのはやはり寂しさを感じることがある。そんな人たちには、今回紹介するモノたちがお薦めだ。彼らは文句を言うこともなく、ひたすら静かに私たちに寄り添ってくれるモノたちだからである。

手を握ることができるブランケット『The Wight』

 Mia Cinelli氏のデザインによるこちらのブランケット、実はデザイナー本人の個人的な体験から生まれたアイデアのようだ。というのも、Cinelli氏は2014年に実父との別れを経験しているそうで、その時に感じた喪失感や不安に対する解決策として生まれたのがこちらのアイデアだそうである。『The Wight』の一番の特徴は2本の腕を持っており、それらが私たちを覆ってくれるだけではなく手を繋ぐこともできる点。単なるモノ以上の心理的な効果を与えてくるであろうことは想像に難くない。こちらの『The Wight』、一般販売はされていないようである。

後ろ姿も可愛いツキノワグマのクッション『tomotake 動物クッション/月の輪ぐま』

 先日SNSで画像を見ていた時のこと、新型コロナウイルスの影響で森に人間がやってこなくなったのを不審に思った野生の動物たちが、民家にやってきて窓から中の様子を伺っている、という画像を目にした。それらの画像の真偽のほどは分からないが、人と野生の動物は完全に分け隔てられた存在ではなく、互いに緩やかに関係しながら生きているのではないか、とその時感じたものである。こちらのハンドメイドのクッション。ツキノワグマをモチーフにしているのだが、どこか人間的な印象が何とも言えず可愛い。特に後ろ姿なんかは何かを覗いているようにも、怒られて拗ねているようにも見える。部屋の中にいてくれるだけで心を落ち着かせる存在になってくれるだろう。価格は税込み19,250円。楽天市場等で販売されている。

風が吹くとひとりでに点灯する新しいランプ『Perched Bird Lamp』

 こちらのランプ、その点灯方法がちょっと変わっている。手を触れることでタッチセンサーが反応して点灯する、というランプは珍しくないが、それに加えて風が吹いてもひとりでに点灯するランプなのである。止まり木で休んでいる鳥の姿をしたこちらのランプ、風を受けるとユラユラとスイングする構造になっており、その際に端子が触れることで点灯する仕組みになっているようである。本体のメイン素材は紙と真鍮。真鍮だけだと冷たさを感じさせるところ、ランプのシェードに紙を用いることで温かみのある印象を与えるデザインとなっている。ロンドンを拠点に活動するデザイナー Umut Yamac氏は他にも紙と真鍮を素材にしたインテリア家具をデザインしており、そのどれもが温かみのあるデザインだが、『Perched Bird Lamp』のように動物をモチーフにしているモノの方がより安心感を与えてくれる気がする。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。