人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

エントリーモデル、ビジネスユース、ゲーミング用、使い勝手の良さで選んだWindowsノートパソコンのおすすめ6選

2020.06.14

デスクトップパソコンよりも場所を取らず、小回りが利き、持ち運びも簡単なノートパソコン。しかし、各メーカーが多くのモデルを発売しているため、その中から自分の使用用途に適した製品を選ぶのはなかなか難しい。そこで、軽作業用のエントリーモデル、ビジネス用途に最適なモデルや、オンラインゲームに最適なモデルなどその使い勝手でおすすめの製品を選んでみた。

ネット閲覧・文書作成におすすめのWindowsノートパソコン

まずは、比較的処理の軽いネット閲覧や文書作成、動画視聴などの作業に最適なモデルを紹介していこう。これらの使用方法であれば、ハイスペックはあまり必要ではないので、比較的安価なモデルの購入が可能だろう。

軽作業におすすめのWindowsノートパソコン【Lenovo IdeaPad S130】

コスパの良い製品を多く取り揃えていると有名なメーカー「Lenovo」の「IdeaPad S130」は、公式ホームページの割引キャンペーンを利用すると3万円台で購入可能と、お買い得なノートパソコン。4GBのメモリに128GBのSSDストレージを搭載しているので、動画視聴や文書作成といった軽作業であれば、ストレスなく使用できるだろう。

【参照】Lenovo IdeaPad S130

軽作業におすすめのWindowsノートパソコン【ASUS Chromebook Flip C101PA】

15.6㎜の薄型、約900gの軽量ながら、最長9時間のバッテリー性能を搭載した「ASUS」の「Chromebook Flip C101PA」も軽作業におすすめのノートパソコン。液晶ディスプレイが360度回転し、タブレットとしても利用可能なモデルで、自由なスタイルで動画視聴などが楽しめる。また、Chromebookは自動更新機能とウイルス対策機能が搭載されており、セキュリティ面でも比較的安心なモデルなので、パソコン初心者にもおすすめできるエントリーモデルだ。

【参照】ASUS Chromebook Flip C101PA

仕事での利用にピッタリのビジネスモデルのWindowsノートパソコンは?

ここからは、仕事でノートパソコンを使う人におすすめのWindowsノートパソコンを紹介しよう。資料作成が満足にできる性能を搭載し、持ち運びにも適した軽量モデルを紹介していく。

ビジネスマン向けWindowsノートパソコン【Microsoft Surface Go 2】

ビジネスマン向けのおすすめノートパソコンとして最初に紹介するのは、「Microsoft」が開発した人気シリーズ「Surface」の最新モデル「Surface Go 2」。2in1ノートパソコンの代名詞ともいえるシリーズらしく、10.5インチのタッチスクリーンは、別売りの専用ペンで自由に資料の編集が可能で、プレゼンにも最適。メモリやストレージは購入時に指定でき、自分の使い道に合わせたカスタマイズができる。また、本体重量はわずか544g(タイプカバー除く)しかなく、持ち運びに最適なのも魅力だ。

【参照】Microsoft Surface Go 2

ビジネスマン向けWindowsノートパソコン【富士通 LIFEBOOK UH】

13.3インチと比較的大きなディスプレイを搭載しながら、約698g~と軽量を実現した「富士通」の「LIFEBOOK UH」。おすすめなのは、軽さだけでなくその堅牢性。全面加圧試験約200kgf(キログラムフォース)、一点加圧約35kgf、落下試験約76㎝といった厳しいテストをクリアした本体は、満員電車などの圧迫にも耐えられるだろう。また、薄型のパソコンで犠牲になりがちなキーボードの打鍵感にもこだわり、約1.5㎜押し込めるフルサイズのキーボードを搭載。各方面に拘られたノートパソコンといえるだろう。

【参照】富士通 LIFEBOOK UH

オンラインゲームもこなせるWindows搭載のおすすめのゲーミングノートパソコン

最後に、オンラインゲームなど高い処理性能を求められる作業にも使える、おすすめのゲーミングノートパソコンを紹介していこう。ゲーミングパソコンといえば、主にデスクトップのイメージがある人も多いかと思うが、近年は持ち運びも簡単で作業の場所を選ばないなどの理由から、ノートパソコンタイプの製品も多く登場。また、ゲーミングノートパソコンは高い処理性能を誇り、動画編集などの作業に利用する人もいるようだ。

おすすめのWindows搭載ゲーミングノートパソコン【Acer Nitro 5】

ゲーミングノートパソコンとしてまず紹介するのは、台湾のメーカーである「Acer」が販売している「Nitro 5」。15.6インチ/17.3インチのフルHDディスプレイに加え、M.2 PCIe SSD1 のスロット2つと、最大32GBのDDR4 RAMを搭載。オンラインゲームの生命線ともいえる接続性も、Killer E2600やIntel Wi-Fi 6の搭載により、安定して速い通信環境を確立している。高い処理能力を持つ第10世代のIntel Core i7 プロセッサー、またはAMD Ryzen Series 4000 モバイルプロセッサーを搭載しており、NVIDIA GeForce RTX アーキテクチャによる鮮明な映像美が楽しめる。

【参照】Acer Nitro 5

おすすめのWindows搭載ゲーミングノートパソコン【HP OMEN 15/OMEN 17】

「HP」から発売されているゲーミングノートパソコン「OMEN 15/OMEN 17」は、最新のAAAタイトル(クオリティの高いタイトル)を高速フレームでプレイするだけでなく、ディープラーニングとAIによるサンプリングで画像処理を行い、鮮明なゲーム画像を生成してくれる。最新のPCIeのSSDと大容量HDDのデュアルストレージを搭載し、パソコンやゲームの起動を高速化、1日に複数のタイトルをプレイしても快適に動くだろう。第9世代のIntel Core i7 プロセッサーや次世代の高速GDDR6メモリ(グラフィックなどの高速処理用メモリ)、ゲーミングPCとして最高レベルのGPUであるGeForce RTX 2080も搭載。パワフルなゲーム環境を実現する。

【参照】HP OMEN 15/OMEN 17 

※データは2020年5月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤 文彦

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。