人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

自宅で仕事に集中できない人におすすめ!人脈を作りやすいコワーキングスペースのサブスク3選

2020.06.30

CASE Shinjuku

テレワークが苦手な人はサブスクを使って働く場所を自分で選ぶのも手だ。会社や家では築きにくい人脈や、新しいアイデアが生まれそうな空間が広がっている。

《基準金額:48万円》
出典:アドビ システムズが「ビジネスパーソンのテレワークスキルに関する調査結果」を発表。生産性が最も上がるテレワーク頻度は「週3~4回」が多かった。これをもとにコワーキングスペース(2500円/日)の年間利用金額を算出。

国内外の拠点数は800以上!上質なワークスペースが特徴

WeWork

月額3万5000円〜

WeWork

■セミナーや交流会に参加し放題!コミュニティーづくりにも便利

WeWork

ソフトバンクが約1兆円規模の出資をしたコミュニティー型ワークスペース。世界に800拠点以上、会員数は60万人以上を誇る。メンバーシップ登録をすればホーム拠点に加え、日本国内と世界中の拠点を利用可能。

【入会金】無料 【しばり期間】なし

【コース内容】

ホットデスク「福岡大名」:月額3万5000円〜※2020年4月時点
利用時間/24時間

「渋谷スクランブルスクエア」8万3000円、「グローバルゲート名古屋」5万1000円と、月額はほかのコワーキングスペースに比べると高めの設定。しかし、24時間利用できて、国内外の拠点を使える点は大きい。出張、旅行が多い方にもおすすめだ。メンバーシップ登録を行なうと、毎月一定の「クレジット」が付与される。それを使い、会議室やほかの拠点の利用料金に充てることが可能。

登録メンバーは、フリーランスからベンチャー企業、大企業まで幅広い。業種も多種多様。どの拠点でも、頻繁に無料の交流会やメンバー主催のセミナーが行なわれている。一般的な異業種交流会の費用が2000円〜3000円程度と考えると、参加するほどお得。

【拠点数】

世界38か国149都市、828か所
国内6都市、31か所

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。