人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

たった1回の高脂肪食でも注意力が低下する可能性、米オハイオ州立大学研究

2020.06.07

たった1回の高脂肪食で注意力が低下する?

チーズバーガーとフライドポテトを注文するのは、頭に良くない行動かもしれない。米オハイオ州立大学の研究グループが行った小規模な研究によると、飽和脂肪酸が多く含まれる食事を1回食べるだけで、注意力が低下する可能性が示された。詳細は「American Journal of Clinical Nutrition」5月12日オンライン版に掲載された。

飽和脂肪酸は、赤身肉や乳製品、ココナツオイルやパーム油などに含まれている。米国心臓協会(AHA)によると、飽和脂肪酸を取り過ぎるとコレステロール値が上昇して、動脈が詰まりやすくなる。しかし、影響はそれだけではないようだ。

論文の筆頭著者で同大学のAnnelise Madison氏は、「食事はパフォーマンスに影響を与える。ランチの後に集中力が続かないという話もよく聞かれる」と話す。

同氏らは今回、1回の食事が注意力に与える短期的な影響を明らかにするため、51人(平均年齢53±8歳、乳がんサバイバー32人を含む)の女性を対象とする二重盲検ランダム化クロスオーバー試験を実施した。

対象者全体を2群に分け、飽和脂肪酸が多く含まれる食事、またはひまわり油を使った不飽和脂肪酸が多く含まれる食事のいずれかを摂取してもらい、食事の5時間後にコンピュータを使った検査で注意力を測定した。いずれの食事も、エネルギー量は930kcal、脂質は60gで統一した。また、食前12時間は絶食してもらった。

初回の検査から1~4週間後に、今度は初回に食べた食事とは異なる方の食事を摂取してもらい、同様の検査を実施した。

初回と2回目の検査の結果を統合した解析により、飽和脂肪酸が多い食事を摂取した後では不飽和脂肪酸が多い食事を摂取した後と比べて、注意力の検査スコアが11%低いことが分かった。

さらにMadison氏らは、腸管の透過性の指標(内毒素結合蛋白質など)が高い女性では、飽和脂肪酸が多い食事と不飽和脂肪酸が多い食事のいずれを摂取した場合も、その後にリーキーガット(腸管壁浸漏)の亢進が認められたと報告している。

腸管から細菌や有毒な物質が流れ出して血流に混ざるリーキーガット症候群に関しては、さまざまな意見があるが、同氏は「日常的に飽和脂肪酸を取り過ぎることでリーキーガットが引き起こされるのではないか」との考えを示している。

今回の研究で、飽和脂肪酸を摂取することが注意力低下の原因であると証明されたわけではないが、同氏は「その可能性はある」とし、「対象に男性も含めた、より大規模な研究で結果を検証する必要がある」と話している。

この報告を受けて元米国栄養士会会長のConnie Diekman氏は、「小規模かつ短期間の研究ではあるが興味深い。米国人は飽和脂肪酸の摂取量を減らすべきだとする専門家の意見を支持する結果と言える」とし、果物や野菜、特に色の濃い野菜の摂取量を増やす必要性を強調。また、植物性食品や全粒穀物を中心とした食事を取り、赤身肉の摂取を減らすことの重要性も指摘している。

ただし、採血検査の値に基づいて判定したリーキーガット状態が、確実に認知機能へ影響を与えるとはまだ言い切れないようだ。Diekman氏も、「消化や代謝、身体の反応といった過程は複雑であり、体内の特定の生化学物質、あるいは栄養素による影響を見極めるのは難しい」と述べている。(HealthDay News 2020年5月18日)

Copyright © 2020 HealthDay. All rights reserved.

(参考情報)
Abstract/Full Text
https://academic.oup.com/ajcn/advance-article-abstract/doi/10.1093/ajcn/nqaa085/5835679?redirectedFrom=fulltext

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。