人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

焼き鳥にも肉じゃがにもマッチ!どんな料理とも相性抜群の「カジュアルスパークリング」の楽しみ方

2020.06.03

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

飲みやすい味、価格、低アルコール度数と手軽に楽しめる「カジュアルスパークリング」

スパークリングワインというと、特別の日に飲む“ハレ”のイメージがあるが、ワイン独特の渋みや酸味が少なく、こってりからさっぱりまで幅広い料理に合わせられる、実はワイン初心者にもおすすめの飲みもの。

メルシャンでは、「飲みやすい味わい」「低めのアルコール度数」「求めやすい価格」「コルク栓ではない」「シェアして飲める500ml飲み切りサイズ」「ワイングラスでなくてもOK」といった、様々なシーンで気軽に楽しめる「カジュアルスパークリング」のラインナップを揃えている。

6月2日に新発売された「メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ」(オープン価格・参考価格は税別610円)は、ビールで使うホップを浸漬させた新感覚のスパークリングワイン。

また、25周年を迎えたデイリーワイン「ビストロ」ブランドの「ビストロ スパークリング」(白・ロゼ・赤/オープン価格・参考価格は各税別420円)はパッケージをリニューアル、日常使いできる「カジュアルスパークリング」をアピールしている。

「カジュアルスパークリング」はパーティー料理だけでなく、和食、惣菜、サラダ、スイーツなど、いつもの食事との相性の良さが特徴。「メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ」(以下、メーカーズレシピ)の開発に携わった、メルシャン 生産・SCM本部 藤沢工場技術課の赤宗行三さんに、いつもの食卓に合わせるフードペアリングを伺った。

「メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ」のおすすめペアリング

メーカーズレシピは、ホップをワインに浸漬させたひと手間が最大の特徴。メルシャンのワイン醸造技術と、梅酒などの浸漬酒で培われた浸漬技術、ビールの開発で培われたキリングループのホップ活用技術を組み合わせることで、ホップをワインに浸漬させて作るスパークリングワインを初めて実現。これまでにない、香り、味覚、後味を生み出した。

開発には赤宗さんを含む3名の20代の若手醸造家が携わった。「原料評価を担当している赤宗が、海外でワインとさまざまな飲み物を組み合わせている文化を体験、ワインとビールの組み合わせは面白いとアイディアとして持ち帰った。商品開発の洞口がホップのフルーティーな香りと、凛とした果実感のあるワインを組み合わせ、心地よい苦味を楽しめる絶妙なレシピを作り、製造担当の林が絶妙レシピを製品に落とし込む製造方法の開発に成功して実現できた商品。

さまざまなタイプ、形状のホップを何度も試作を重ねた結果、フルーティーで華やかなフローラルタイプのアメリカ産ホップに決定。素材の良さを最大に生かすため、ホップの量、浸漬時間、漬け方などを徹底的にこだわった。ホップを漬ける時間、漬ける量で香り、苦味が変わってしまうので、一番合う浸漬方法を求めて何度も試験を重ねた。初めてのときは全く香りがつかないなど諸問題もあり、本当に商品ができるのかと不安になったこともあった」(赤宗さん)

〇メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ×揚げ物

メーカーズレシピは、塩味が強い料理、油を多く含んでいる料理と非常に相性が良い。スーパーで売っている定番の惣菜、居酒屋メニューととてもよく合う。炭水化物系ではチャーハンと相性が良い。魚介類でも合わせやすいが、メーカーズレシピは苦味やホップの華やかな香りが特色なので、刺身よりも、主張の強い魚介系レシピと合わせると好相性。

最初にメーカーズレシピだけを味わってみる。甘味、酸味、苦味、香りのバランスにこだわった飲みやすい味わい。ホップのグリーンな香りが立ち、あとから柑橘などのワインらしい香りが来る。口当たりはまろやかで口中に華やかホップの香りが広がる。トップはホップの穏やかな苦味を感じ、フィニッシュはブドウらしい爽やかですっきりとした後味で終わる。

天ぷらやフライドチキンといった揚げ物とペアリングが◎。料理だけ食べると揚げ物の油感、塩味、ジューシーな感じが最後まで口の中に残るが、メーカーズレシピと合わせることで、メーカーズレシピの苦味、甘味がマッチして厚みのある味わいに。最後は口の中に残っていた油をさわやかな酸味で洗い流してくれて、次の一口も食べやすくなる。

〇メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ×焼き鳥

たれ、塩のどちらの焼き鳥とも相性が良い。焼き鳥だけ食べたときは塩味、レモンの酸味、、焼き鳥の旨味を感じるが、油ぽさもあり、最後まで焼き鳥の香りが口中に広がって、飲み物が欲しくなる。

ペアリングとして最初は小さいピースを口に含み、2、3回咀嚼してからメーカーズレシピを飲む。焼き鳥の塩味、旨味、メーカーズレシピの穏やかな甘味、心地よい苦味がかみ合って、焼き鳥のおいしさを下支えしてアップさせている。焼き鳥だけのときよりも、メーカーズレシピの爽やかな酸味で口中をすっきりとさせてくれる。鼻に残っていた焼き鳥の香りもメーカーズレシピのホップの香りで洗い流してくれる。食べた後もすっきりとするので、次のひと口も新鮮な感覚で味わうことができる。

「ビストロ スパークリング」のおすすめペアリング

ビストロブランドで採用している「フードマッチ製法」を「ビストロ スパークリング」でも採用。ワインの成分には、魚介類と合わせることで「生臭さ」を引き起こす物質が含まれており、この物質をメルシャン独自の製法により軽減し、ワインと食事の相性を高めるのが「フードマッチ製法」で、肉料理、魚料理どちらにも合わせやすい。

〇ビストロ スパークリング ロゼ×サラダ

ロゼはシーザースサラダなどのクリーミー系サラダとの組み合わせが◎。ロゼはマスカットのようなフルーティーな香りで、味わいはすっきりで少し甘口、最後はロゼらしく口の中に苦味も感じる厚みのある味。シーザースドレッシングの酸味、クリーム感がロゼの甘味でアップ。最後のロゼの苦味が野菜そのものの味を持ち上げてくれる感覚で、最後までサラダが楽しめる。

ロゼは塩味、クリーム系の食べ物と相性が良く、ポテトサラダ、マカロニサラダといったマヨネーズを使ったこってりサラダもおすすめ。マヨネーズのコクをロゼのさっぱりとした味が引き立ててくれる。

和風、中華のドレッシングもワインの酸味で塩味を抑え、香りを引き立てる。和風ドレッシングなら「ビストロ スパークリング 白」との相性も良い。白は柑橘のニュアンスがあり和風ドレッシングとよく合う。

〇ビストロ スパークリング 赤×肉じゃが

甘辛い煮物、焼物といった和食と相性が良いのが赤。香りはベリーに加え複雑なニュアンスもあり、ロゼに比べると甘口の味わい。赤らしく苦味も少し残る。

肉じゃがとのペアリングでは、赤の甘味がみりんや砂糖の甘さ、旨味をアップさせ最後まで味を継続。料理だけだとじゃがいもの味がずっと残っている感じがあったが、合わせると最後は酸でさっぱり洗い流してくれて後切れもよい。たれの焼き鳥もおすすめで、甘味同士で相性が良くおいしさが長持ちして、最後も焼き鳥の油やたれの甘さをすっきりと洗い流してくれる。

〇ビストロ スパークリング 赤/メーカーズレシピ×クリーム系デザート

ビストロ スパークリング 赤とメーカーズレシピは、クリーム系の食べ物と合わせるとコクがアップ。コンビニスイーツでも人気のバスク風チーズケーキと組み合わせてみる。チーズの濃厚さ、酸味、カラメルの苦味を感じるケーキに赤を合わせると、ベリーソースがかかったような酸味が出て違う味わいに変化。カラメルの苦味とメーカーズレシピの苦味もマッチ。チーズケーキだけだともったりした感じがあったが、さわやかな酸味で洗い流してくれてすっきりとした感じで食べ終わる。

【AJの読み】家飲み、オンライン飲み会にもぴったり

「カジュアルスパークリング」は、シェアして飲み切れる量と、ほどよいアルコール度数で、酔い心地の面でも「スロードリンク」として推奨したいとメルシャンは話す。スクリューキャップで開けやすく、タンブラーやコップで気軽に飲むスタイルを提唱。休日の昼飲みに、料理のお供にと幅広いシーンで使えそう。

新しいコンセプトでパッケージもおしゃれなメーカーズレシピは、オンライン飲み会にもおすすめ。オンラインだと手元が見えないので、何を飲んでいるのか互いに気になり、見せ合うことがあるが、「ホップを浸漬したスパークリングワイン」とネタを提供すれば、「ビールなの?ワインなの?」と会話が盛り上がりそう。簡単に用意できるスーパーの惣菜や焼き鳥と相性がいいので家飲み、オンライン飲み会にはぴったりだ。

文/阿部 純子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。