小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

いいことばかりじゃない!従業員側にも会社側にもあるテレワークのデメリットと解消法

2020.06.10

新型コロナウイルスといった感染症対策の一環として、積極的に導入が進んでいる「テレワーク」。導入にあたって、メリットだけでなくデメリットを確認することが大切だ。あらかじめ対策しておけば解決できるものも多い。

今回は、テレワークの意味やメリット/デメリットのほか、テレワーク導入前の課題と対策の重要性を紹介していく。

テレワークとはどのようなもの?

2020年、急速に普及が進んでいるテレワークとは、一体どのようなものなのだろうか? 政府によるテレワークの普及促進への取り組みも確認しておきたい。

テレワークとは、場所や時間に縛られない新しい働き方

場所や時間に左右されない柔軟な働き方ができる「テレワーク」。生産性の向上や業務効率化をはかれる新しい働き方として注目されているが、導入にはICT(情報通信技術)の活用が不可欠だ。

【参考】「在宅勤務」と「テレワーク」の違いって?テレワークで効率良く仕事をこなすヒント

企業がテレワークを導入するための障壁

企業におけるテレワークの導入は、大手企業が先行している。中小企業にとっては、ICTを活用するための情報機器への設備投資が障壁となっているからだ。またIT人材の不足も課題となっている。

テレワークの普及促進は総務省が中心となり様々な取り組みを実施

新しい働き方として、大手企業を中心に導入が進められてきたテレワークだが、政府が進める「働き方改革」の一環として、総務省が中心となり積極的な普及促進を行っている。主な取り組みは以下の通りだ。

■テレワークの普及促進を図る国民運動「テレワーク・デイズ」の実施
■テレワーク導入における専門家「テレワークマネージャー」の派遣事業
■テレワークの導入・活用を進めている「テレワーク先駆者」の表彰
■全国での「働き方改革セミナー」の開催

【参考】TELEWORKDAYS「テレワーク・デイズ2019」

テレワークにはどんなメリットがある?

今後ますます普及が促進され、導入企業も増える見込みとなっている「テレワーク」。ここでは、テレワークのメリットを3つ挙げていく。

テレワークのメリット1:通勤がないため時間が有効活用できる! 企業は経費削減効果も

テレワークでは通勤時間がかからないため、時間を有効活用できる。満員電車のストレスを感じることなく、すぐに仕事に取りかかれるのもポイントだ。また、企業側からみると、従業員への交通費支給が不要となるなど、経費削減効果も期待できる。

テレワークのメリット2:非常時でも事業が継続しやすい! 感染症対策にも有効

地震や台風などの大規模災害が発生して交通網が麻痺した場合でも、テレワークであれば事業を継続しやすい。また、今回大きな影響が出ている新型コロナウイルスなど、感染症が流行した時の対策としてもテレワークは有効だ。

テレワークのメリット3:ワークライフバランスの向上や離職率低下への期待も

例えば子育て中の人であれば、テレワークの実施により育児と仕事のバランスが取りやすくなる。育児や介護を優先するために、やむを得ず離職しなくても済むのだ。また自分のペースで仕事を進められるため、プライベートの満足度も高くなる。

従業員と企業で異なるテレワークのデメリット

このように多くのメリットがあるテレワークだが、次のようなデメリットもある。

【参考】人事担当者必読!在宅勤務のメリット/デメリット

従業員側からみたテレワークのデメリット:社員間に生まれる不公平感

テレワークを一部の部門や従業員(例えば育児休暇中の社員のみ)などに限定して導入してしまうと、テレワークを利用できる従業員とそうでない従業員との間で不公平感が生まれてしまう。

全従業員がテレワークを利用できるのであれば理想的だが、組織やコストの問題でそうはいかない場合もある。テレワークを導入する場合には、全従業員に丁寧な説明を行い、理解を得るプロセスがとても大切になる。

企業側からみたテレワークのデメリット:さぼりなど従業員の勤怠管理が難しい

異なる場所で働くために上司の目がなかなか行き届かないのが、テレワークのもう1つの側面だ。そのため短期に目標設定をおこない進捗を確認しながら成果を評価するなど、仕事のマネジメントに関する新しいルール設定が必要になる。

また、パソコンへのログイン状況や仕事内容を管理できるツールを導入し、勤怠管理と生産性の測定をおこなうという方法もある。

【参考】テレワークの導入を成功させるために会社として許可するか否かを決める条件

企業にとっての最重要課題! セキュリティ管理の難しさもテレワークのデメリット

これまで従業員側・企業側からみたデメリットを挙げてきたが、テレワークを導入する場合に避けて通れない課題が情報セキュリティの問題。テレワーク導入前には、会社が本来採用している情報セキュリティ基準をテレワーク中にも満たせるよう、専門家に相談の上、十分な対策をすることが重要だ。

テレワークのために会社外から会社データにアクセスするということは、情報漏洩の危険が増すということ。そのためテレワークを導入している多くの企業は、会社外にデータを持ち出さないで仕事ができるICTシステムの構築をおこなっている。

事前に対策することで、テレワーク導入の成功率がアップ

政府も積極的な普及促進を進めてきた「テレワーク」。大きなメリットがある反面、デメリットも存在するが、前もって対策を行うことで導入に成功する確率を上げられる。テレワークの導入を検討している企業は、ぜひ課題解決に取り組み、生産性の向上につなげてほしい。

※データは2020年4月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。

文/ねこリセット

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。