人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

緊急事態宣言解除前から観光客が海に殺到、「早く海に行きたい」と思っている人は4割

2020.06.02

自由意志で引きこもることと、自粛呼びかけに従うこととでは心にかかる負荷が違う。

ゆえに、これまで溜まりに溜まった“外で遊びたい欲”を開放させるかのように、5月25日の緊急事態宣言全面解除を待たずして、湘南の海に観光客が殺到したこともまた、むべなるかなというものだが、「第2波」への懸念高まる現状を踏まえれば歓迎すべき出来事とは言いにくい。

そんな「コロナ禍で海に行くこと」に関する意識調査がこのほど、オンライン保険相談サービス「ほけんROOM」により、18歳以上の1,038名を対象として実施されたので、その結果を紹介していきたい。

海に行きたい人は37%

はじめに「海に観光客が殺到しているが、ご自身は早く海に行きたいか」と尋ねる調査が行われたところ、「行きたい」「どちらかと言えば行きたい」と回答した人は37%となった。

続いて、「観光客が湘南の海に殺到していることについてどう思うか」と尋ねる調査が行われると、「良くないと思う」「どちらかと言えば良くないと思う」と回答した反対派が、9割以上を占める結果となった。

一方で、「良いと思う」「どちらかと言えば良いと思う」と回答した賛成派が1割であり、10人に1人は賛成しているという結果に。

そのように回答した理由については以下のような意見が寄せられた。

●「良いと思う」……30代男性 / 兵庫県 / アルバイト

コロナが収束してきたので大いに遊ぶことが大切だとおもいます。遊ぶことによって元気になるしその様子を見て周りのものも勇気づけられ活気が上がるのである。だから海に殺到するのはいいことだと思う。

●「どちらかと言えば良いと思う」……20代女性 / 神奈川県 / 会社員

緊急事態宣言前に江ノ島に行ったのですがほとんどのお店がガラガラで活気もなく閑散としていたのではやく前のような雰囲気に戻ってほしいと思うので観光行も盛んになってほしいです。海であれば感染のリスクも少ないと思うので。

●「良くないと思う」……30代女性 / 和歌山県 / 公務員

コロナ肺炎の緊急事態宣言が解除されることや、3密ではないといえる場所でもあることから、殺到することに非難はできない。さらに、ここ最近気温が高くなったため、海に行きたい気持ちは理解できる。しかし、感染が拡大するリスクはあると考えられるため、良くないと思う。

<調査概要:コロナ禍での観光客に関する意識調査>
調査日程 :2020年5月25日~2020年5月26日
調査方法 :インターネット
調査対象 :18歳以上
調査人数 :1,038名

出典元:株式会社Wizleap

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。