人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

超便利!iPad版のPhotoshopに追加された画像のトーンを調整できるトーンカーブとブラシの筆圧感度調整機能

2020.06.02

Photoshop iPad版に「トーンカーブ」とブラシの筆圧感度調整を追加された。

トーンカーブ

トーンカーブを使うと、画像の⾊やトーン(コントラスト、露出、彩度、ハイライト、シャドウ、カラーバランスなど)を⾮破壊的に調整することができる。

今回はその最初のバージョンだが、すべてのチャンネルのトーンカーブの調整と、複数ノードの選択をサポートしている。

加えて、ノードを指やペンシルでタップして動かしたり、選択する際のインジケーターの表⽰が新しく、わかりやすいものとなっている。

デスクトップ版ユーザーの多くが正確な調整のために数値⼊⼒を⾏なっているが、この数値による調整とスポイトツールの iPad版でのサポートは今後のリリースで予定している。

トーンカーブについての詳細
https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/using/curves-adjustments-ipad.html

Apple Pencil の筆圧感度調整

ストロークの描画にかなり強めの筆圧が必要だと感じる、というフィードバックに応え、Apple Pencilの筆圧感度を調整できるようになった。

ブラシベースのツールで、描画や複製その他の効果を適⽤する作業がより正確に行なえる。柔らかめなタッチも、堅めのタッチも、ペンとタブレットを使った作業を使⽤者の好みに合わせた最適な状態に設定できる。

スライダーを調整することで、最適化された筆圧カーブが適⽤され、ブラシ操作のエクスペリエンスが向上。軽めに設定すれば、少しの⼒でも⼤きな筆圧として検知され、重めに設定すれば、最⼤の筆圧とするためにはかなり⼤きな⼒が必要になる。

「私の場合は、軽い筆圧のときに細い線が描けて、最⼤の筆圧も表現できる、重めの設定にしています」と、Photoshopチームの品質エンジニア兼アーティストのマイク ショー氏(Mike Show)は語っている。

ブラシの筆圧感度調整についての詳細
https://helpx.adobe.com/jp/photoshop/using/photoshop-brushes-ipad.html#pencil-pressure-sensitivity

関連記事(英語版):https://theblog.adobe.com/photoshop-on-ipad-adds-curves-and-brush-sensitivity/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。