人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

医師1000人に聞いた年収の実態とマネーライフプランの相談相手

2020.06.01

1,060人の医師に聞いた「お金の管理方法」

収入が高い職業といえば「医師」だが、気になるのは具体的な年収だろう。 インベストメントパートナーズが全国の医師・歯科医師1,060人に聞いた調査結果を見てみよう。

年収の割合は『1,000万円~1,800万円(39.0%)』『1,000万円未満(27.7%)』『1,800万円~3,000万円(23.6%)』『3,000万円~6,000万円(6.3%)』『6,000万円以上(3.4%)』とやはり高額だった。

医師は収入が高い人も多く、納付する税金の額も相当高額になる。本来であれば、それぞれのライフプランに基づいた資産形成計画を立て、それに基づいた資産管理は必須だ。

それでは多くの医師はどのようにお金を管理しているのか。

「専門知識のある方にお金に関する相談をしていますか?」と質問をしたところ、7割以上が『はい(72.4%)』と回答した。

では、どの類の専門家にお金に関する相談をしているのか。

そこで、「具体的に誰に相談していますか?(複数回答可)」と質問をしたところ、『税理士(63.4%)』という回答が最も多く、次いで『会計士(36.6%)』『銀行員(26.3%)』『保険代理店担当者(13.2%)』『証券会社担当者(10.4%)』と続いた。

大切なお金の話である以上、多くの医師が信頼できる士業などの「お金のプロ」に相談していることが判明した。

ちなみに、「お金に関する相談者は1人ですか?」と質問をしたところ、6割近くが『はい(58.7%)』と回答した。

ひと口に「お金の管理」と言っても、節税対策、資産形成、将来の医院の出口戦略など、さまざまな分野に分かれている。

それらすべての管理について、1人の専門家に任せることができれば効率的。しかしながら、4割以上の方が複数の専門家に相談しているようだ。

「マネーライフプラン」に関する調査
調査期間:2020年1月17日(金)~ 2020年1月20日(月)
調査方法:インターネット調査
調査人数:1,060人
調査対象:全国の医師・歯科医師
モニター提供元:ゼネラルリサーチ

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。