人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ラインアップが充実しているパナソニックのIHクッキングヒーターの特徴と選び方

2020.06.01

エコブームや安全意識の高まりから人気が高まってきているIHクッキングヒーター。現在はさまざまなメーカーがIHクッキングヒーターを販売しているので、購入を検討する際には、どれを選べばいいか悩む人も多いだろう。そこで今回は、国内のIHクッキングヒーター市場で大きなシェアを誇るメーカーの一つであるパナソニックの製品にフォーカスして、その特徴や魅力を分かりやすく紹介していく。

IHクッキングヒーターとは?

まずは簡単に「そもそもIHクッキングヒーターとは何か?」という点について説明していく。IHクッキングヒーターとは、火を使わずに鍋自体を熱くすることで調理ができる調理器具であり、電磁誘導を使って加熱する「誘導加熱」の原理を利用し、電気で鍋を発熱させる。すなわち、火の熱が鍋に伝わることで加熱するガスコンロとは根本的に加熱方法が異なっている。

キッチン用IHクッキングヒーターは据え置き・ビルトインの2種類

キッチン用のIHクッキングヒーターは大きく分けて据え置き型・ビルトイン型の2種類がある。

据え置き型IHクッキングヒーターは、名前のとおり完成しているIHクッキングヒーターを置くだけで使用可能であり、工事不要で購入した日に使うことができる。一方で、ビルトイン型IHクッキングヒーターは、自宅のコンロ部分に埋め込むタイプであり、必ず工事が必要となる。

また、IHクッキングヒーターにはキッチン用以外にもテーブルの上で使用する「卓上型」も存在する。火やカセットガスを使わず、手軽に調理できるので、こちらも家で鍋や焼き肉などをする際の定番アイテムであり、一人暮らしの人などにもおすすめだ。

IHクッキングヒーターの寿命は約10年

IHクッキングヒーターの耐用年数の目安は一般的に約10年とされている。不調サインとしては「温まりが遅くなった」「グリルの調子が不安定」「音が大きくなった」「電源が入りにくくなった」などの症状が多い。

パナソニック、日立、三菱電機が大きなシェアを誇る

日本国内のIHクッキングヒーター市場を見てみると、パナソニック、日立、三菱電機の3メーカーが代表的な存在であり、この3社が大きなシェアを占めている。卓上型IHクッキングヒーターはアイリスオーヤマなども販売しているが、キッチン用のビルトイン型と据え置き型に関しては、この3社だけで市場シェアがほぼ100%に達する状態になっている。

パナソニックのIHクッキングヒーターの特徴

パナソニックのIHクッキングヒーターの代表機能の一つが上から遠赤外線、下からはIHヒーターの加熱により食材を包み込んで焼き上げる「IH&遠赤ラクッキングリル」である。

また、同じくパナソニックのIHクッキングヒーターの代表機能である「光火力センサー」は、これまでIHクッキングヒーターが苦手としてきた鍋振りを可能にする機能。フライパンや鍋を離しても、鍋底の温度を光火力センサーが感知し、設定した温度をキープしてくれるのが魅力である。

おすすめのパナソニックIHクッキングヒーター

ここからは、「ビルトイン型」、「据え置き型」、「卓上型」の3種類に分けて、皆さんにおすすめしたいパナソニックのIHクッキングヒーターを紹介していく。

ビルトインIHクッキングヒーター KZ-11BP|ビルトイン型

狭いキッチンに便利な1口のIHクッキングヒーター。コンパクトで薄型設計なので、キッチンの凹凸を減らし、スムーズに調理することが可能となっている。操作も簡単で、7段階の火力調整や、揚げ物温度調節など、コンパクトながら便利な機能もしっかり搭載している。ミニキッチンにも収まるサイズなので、一人暮らしの人におすすめだ。

パナソニック IHクッキングヒーター KZ-KB21E|据え置き型

パナソニックの据え置き型IHクッキングヒーター。2口IHは 左右とも鉄・ステンレスに対応し、最大火力は3.0kW。グリルも最大で1.25kWの火力を実現する。

IH調理器 KZ-PH33-K|卓上型

一人暮らしの人が使いやすい設計となっている卓上IHクッキングヒーター。最大火力は1400Wとパワフルでいて、弱火以下は静音設計のためモーター音が気にならない作り。また、長時間稼働しているときに1000W以下にパワーを抑えてくれるセーブモードがついているのも、電気代が気になる人にはうれしい機能だ。

IHデイリーホットプレート KZ-CX1|卓上型

 

設置工事いらずで使えて、クッキングヒーターとしてはもちろん、ホットプレートにもなる2口IH調理器は、お好み焼きなどの鉄板料理を作る際にも重宝する。また、2つのプレートはそれぞれ加熱・保温の温度設定が可能。素材やメニューが異なるものでも同時に調理できるので、忙しい日の時短にもなる。

様々なラインアップが揃う

上記で取り上げたもの以外にも、豊富なラインアップが揃っているパナソニックのIHクッキングヒーター。毎年新作も出ているので、皆さんもIHクッキングヒーターの購入を検討する際は、ホームページや店頭などでチェックしてみるといいだろう。

※データは2020年5月中旬時点での編集部調べ。

※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。

※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/praia

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。