人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍で延期していたディズニー&ピクサーの最新映画「2分の1の魔法」の公開日が決定

2020.05.30

2020年8月21日、ディズニー&ピクサー最新作『2分の1の魔法』の全国ロードショーが決定した。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、公開日が延期されていたディズニー&ピクサーの最新作映画が公開されるのを心待ちにしていた方も多いのではないだろうか。

ディズニー&ピクサー・スタジオはこれまでイマジネーションに満ちた"もしも"の世界を描き、世界中に感動を与えてきた。

『トイ・ストーリー』シリーズはおもちゃの世界、『モンスターズ・インク』シリーズはモンスターの世界、『ファインディング・ニモ』シリーズは魚の世界、『リメンバー・ミー』では死後の世界を描いた。最新作『2分の1の魔法』ではどのような世界を描くのだろうか?

『2分の1の魔法』の舞台は“魔法が消えかけた”世界!?

科学や技術が進歩する遥か前、世界は魔法に満ちていた。美しい大自然の中には小人や妖精たちが暮らし、空にはユニコーンのような角を持つ白馬のペガサスが飛んでいた。人魚たちは色とりどりの尾びれを持って、豊かな自然の中で自由を謳歌していたのだ。

しかし、時の流れとともに科学や技術は著しく進歩し、魔法は人々から忘れられてしまう。ペガサスではなくジャンボジェット機が空を飛び、ペガサスは野良ペガサスとして街でゴミを漁る存在に。人魚はサングラスをかけてビニールプールでくつろぎ、妖精たちは暴走族になってしまった。

そんな魔法が消えかけた世界を舞台に、隠れた才能を持つ主人公イアンがある挑戦をするのだ。内気な少年イアンは生まれる前に亡くなった父に一目でもいいから会いたいと願っていた。そんなイアンの16歳の誕生日に母のローレルは亡き父から託された魔法の杖と手紙をプレゼントする。

その手紙に記されていたのは何と、父を24時間だけ蘇らせる魔法だった。魔法の隠れた才能を持つイアンは"父さんに会いたい"という一心で魔法に挑戦する。しかし、その魔法は失敗し、半分(足)だけの姿で父が蘇ってしまったのだ。

イアンには陽気で魔法オタクのバーリーという兄がいる。バーリーはもう一度父に会って伝えたいことがあり、イアンの手助けをすることを決意。2人はお父さんに会いたいという共通の想いのもと、父を完全に蘇らせるための魔法を探す冒険の旅に出る。

しかし、彼らに残された時間は24時間。24時間以内に魔法を完成させないと二度と父に会えなくなってしまうのだ。果たしてイアンとバーリーは魔法の力で父に会うことができるのだろうか。家族の絆が描かれる本作の結末に感動することだろう。

日本語版の声優には志尊淳さんと城田優さんを起用!

ピクサー声優初挑戦となる志尊淳さんが主人公のイアン役を演じる。志尊さんは今回の抜擢に関して「まさかディズニー&ピクサー作品と関われる時が来るのかと、とにかく嬉しい気持ちでいっぱいです!」と述べた。

イアンの兄であるバーリー役にはディズニー作品では「シンデレラ」以来、2作目の起用となる城田優さんが抜擢された。城田さんは「小さい頃から、『トイ・ストーリー』が大好きでずっと見ていて、新しい作品の兄弟の話で、本当に普段から弟みたいに可愛がっている志尊淳くんと一緒にやれて心から幸せです」 と述べている。

配給のディズニーは2人の起用に関して、「優しくてピュアなイメージを持ちながら、高校生の役から難しい役まで様々な役柄を演じてこられている志尊さんはイアンの弱さだけではなく、自分を信じて成長していく様も表現いただけると思い、オファーしました」と述べた。

城田さんに関しては「仲間や家族を大事にする大らかな人柄がバーリーにぴったりで、舞台やテレビなどマルチに活躍されている点からも、バーリーの陽気だけれど、不器用な部分も持ち合わせた難しい役どころも演じていただけると思い、オファーしました」と述べている。

志尊さんと城田さんは普段から仲の良い様子が伺え、強い絆の兄弟役を演じることに対して自信を覗のぞかせた。

日本版エンドソングに起用されたスキマスイッチの名曲とは?

『2分の1の魔法』の日本版エンドソングにはスキマスイッチの代表的な楽曲「全力少年」が起用される。スキマスイッチにとって、海外作品への楽曲提供は初となる。

それに対し、スキマスイッチの大橋卓弥さんは「『全力少年』はずっと大切にしてきた楽曲なので、今回、エンドソングに使っていただけるということで光栄に思っていますし、嬉しかったです。この曲は、当時20代だった自分たちに向けた応援ソングとして作った曲で、今も助けられている曲でもあるので、こうして今につながっていることがアーティスト冥利につきるなと思っています。本当に勇気をもらえる映画ですし、きっとみなさんも共感できる内容になっていると思います。僕らの音楽が少しでも映画の世界観を支えることができたらと思っていますので、ぜひ劇場でご覧ください」とコメントしている。

また、常田真太郎さんは「『全力少年』という曲は、どんなきっかけにせよ、誰かのせいにしないで、自分の思いで、自分の力で一歩踏み出すという気持ちを描きたくて作りました。この初々しい気持ちが『全力少年』というタイトルにも表れています。 それが今回の映画のテーマにも合っていると思ってもらえたんじゃないかなと思っています。この映画は、どんな立場でも、性別や年齢関係なく、感情移入できることがたくさんある映画です。ぜひみなさんも自分と重ね合わせて楽しんでもらえたらと思います」 と述べた。

日本版ならではの“楽曲”と“映画”の共通する「固定概念や弱い自分などを全て壊して、セカイを切り開いていこう」という力強いメッセージに胸が震えるに違いない。

最新作『2分の1の魔法』は兄弟の全力の冒険を描く物語である。大人になって様々な経験を積み、一歩を踏み出す勇気を持てなくなってしまった人達にもオススメの映画だ。ぜひ劇場に足を運んで欲しい。

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2020 Disney/Pixar.All Rights Reserved.

取材・文/ RoMoKo

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。