小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

劇場の年間興行収入を超えた昨年の動画配信市場、定額制サービスのシェアTOP3はNetflix、DAZN、Amazon

2020.05.28

2019年の動画配信市場規模は、同年の映画興行市場規模と同程度

定額制動画配信(SVOD)市場は前年と比べ、多くのサービスが規模を拡大中。現時点で、動画配信サービスの市場規模は劇場年間興行収入を超えている。

GEM Partnersが行った消費者調査の結果を基に、「定額制動画配信(SVOD)」「レンタル型動画配信(TVOD)」「動画配信販売(EST)」を合わせた2019年の動画配信市場全体の規模を推計すると、前年比22.4%増の2,692億円。これは、日本映画製作者連盟が発表した同年の劇場年間興行収入2,611億円と同程度となる。

2019年の市場規模推計のうち、契約形態別のシェアをみると「定額制動画配信(SVOD)」が80.2%、「レンタル型動画配信(TVOD)」が11.6%、「動画配信販売(EST)」が8.2%となった。

市場全体の規模も大きくなり、2019年のSVOD市場は2,158億円であると推計される。

また、サービス別に市場シェアを推計したところ、順位に大きな変動が見られた。市場シェアを見ると、1位の「Netflix 13.8%(前年比+5.4)」と3位の「Amazonプライム・ビデオ 10.9%(前年比+1.6)」が大きく数値を伸ばしている。

特に「Netflix」は、前年から5.4pt増と突出していることから、SVOD市場の拡大を最も強くけん引したサービスであることがわかる。

動画配信市場規模の将来予測

消費者調査の結果に加え、日本と米国の動画配信のこれまでの普及実績を踏まえ、2024年までの動画配信市場の規模を「ベース」「楽観」「悲観」の3つのシナリオで試算した。「ベース」では、2019年から2024年にかけて年平均10.3%で成長し、2024年には4,389億円まで拡大するという結果となった。

DVD・BDと動画配信の合計市場規模も推計しており、それによると、2024年にかけてDVD・BD市場は縮小する傾向にある。しかし、DVD・BDと動画配信の合計市場規模は年率3.1%で拡大することが予測される。

さらに、DVD・BD市場と動画配信市場を合わせた市場全体の構成比を見ると、2021年に動画配信市場がDVD・BD市場を上回り、2024年には市場全体の61.0%を占める見込みだ。

調査概要

【調査方法】GEM Partners「動画配信/放送/ビデオソフト市場 ユーザー分析レポート*」、総務省統計局「人口推計」、国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口」、総務省「通信利用動向調査」、一般社団法人 デジタルコンテンツ協会「動画配信市場調査レポート」、一般社団法人 日本映像ソフト協会「映像ソフト市場規模及びユーザー動向調査」、および各社IR、報道発表資料、Webサイト掲載情報を用いて分析。なお、消費者がSVOD、TVOD、ESTに関わらず、動画配信サービス事業者に支払った金額の総額を動画配信の市場規模と定義しており、広告主が動画配信サービス事業者に支払う広告費は含んでいない。また、映画、ドラマ、アニメに加え、ミュージックビデオ、アダルトなど全ての映像コンテンツを含んでいる。

*「動画配信/放送/ビデオソフト市場 ユーザー分析レポート」最新版(2019年11月調査版)概要

調査対象:日本在住の 15~69歳の男女
調査実施日:2019年11月2日(土)~2019年11月5日(火)
回答者数:19,914人
数値の重みづけ:総務省統計局発表の人口統計(2019年10月1日時点の概算人口)と等しくなるように重みづけ

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。