人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

超高級車のボンネットを飾り一世を風靡したラリックのカーマスコットがクリスタルのライティングオブジェになった!

2020.05.28

ラリックの世界観をデイリーに堪能できるライティングオブジェ

1920年、30年代に、豪勢な高級車のボンネットを飾り一世を風靡したラリックのカーマスコット。コレクターズアイテムとしても名高いその斬新なクリエーションは、現在でもクリスタル製のオブジェとなって高い装飾美を披露し続けている。

今回、ラリックを象徴するコレクションのひとつ、カーマスコットを象ったオブジェが、ランプ仕様のライティングオブジェとなって登場した。

ライティングオブジェは、クリスタルをランプベースにセットし、光るオブジェやテーブルランプとして楽しめるユニークなアイテム。オブジェを下から照らすことで、クリスタル自体が発光しているかのようなほのかな明かりを生み出し、スタイリッシュで極めて洗練されたムードをつくりだす。

《ロンシャン》ライティングオブジェ

世界一優雅な競馬場と呼ばれ、凱旋門賞のレースも開催されるロンシャン競馬場。その名をとったオブジェ《ロンシャン》は、サテンとクリアの巧みなコントラスト使いと大胆な造形に、メゾンのサヴォワ・フェールが詰め込まれている。

149,000円(税別本体価格)

《ヴィテス》ライティングオブジェ

ヴィテス(Vitesse)=スピード。疾走する風を受けるセンシュアルな女性像。女性の美をたたえるメゾンのアイコニックなモチーフは、大胆な造形と繊細さで見る人を惹きつける。149,000円(税別本体価格)

※いずれも、充電式。コードレスでの使用が可能。フル充電で最大約時間稼働。

ランプとしての使用はもちろん、ブランドの奥深いストーリーを感じる上質なデコラティブアイテムとして、ラリックの世界観をデイリーに堪能してほしい。

ラリック/1888年にフランスで創業されたラリックは、“クリスタルガラス界のオートクチュール”と称される最高峰のメゾン。「モダンジュエリーの生みの親」として知られるルネ・ラリック(René Lalique)は、ガラスを使った創作においても芸術の巨匠となった。時を経てその名前は唯一無二のサヴォワ・フェール(熟練技)を示すゆるぎない象徴となり、さらにラグジュアリー、卓越性、創造性、そして広く名高い芸術的なスタイルと同義となっている。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。