人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

暗証番号の設定や入室履歴がクラウド上で管理できる構造計画研究所のスマートロック「RemoteLOCK 8j」

2020.05.27

構造計画研究所は、 国内鍵・錠前メーカーのウエストと共同開発した新型スマートロック「RemoteLOCK 8j」を発売した。

「8j」は構造計画研究所の提供するアクセス管理ソリューション「RemoteLOCK」のクラウド管理機能を備えたスマートロック。

「RemoteLOCK」シリーズ製品の中で初めての日本国内生産のスマートロックであり、 名称に「j」を付記し、 「8j」と命名した。

本製品の「国内主要メーカーのシリンダー錠との交換取付に対応」「原状復帰が容易」という特徴により、 施工主には、 工事の期間・費用を削減して手軽で安全に設置できる。

また、 「ICカードによる開錠・施錠が可能」「オートロック対応」という機能により、 施設利用者における利便性向上を実現した。

「8j」はシリンダー交換で設置が可能なスマートロックで、 「RemoteLOCK」のクラウド管理機能を搭載。

暗証番号はWi-Fi通信によりクラウド上で設定でき、 ユーザーは発行された暗証番号を入力することで解錠/施錠が可能だ。

管理者は「RemoteLOCK」のクラウド管理機能により施設を管理できる。 例えば、 いつ・どこからでもユーザーにアクセス権の追加や取り消しを行ったり、 入室履歴を確認することが可能。

IoT技術により遠隔管理ができることで、 非対面での受付業務やソーシャルディスタンスを保った応対など様々な社会的ニーズに応える。

製品概要

製品名: RemoteLOCK 8j
カラー: オレンジ、 ブラック
サイズ: 室外ユニット- 86×110×30 mm (WHD)
 室内ユニット- 51×176×51 mm (WHD)
バッテリー: 単3アルカリまたはリチウム電池4本  (外部給電は9V角型アルカリ電池)
通信方式: Wi-Fi (2.4GHz)
設置方式:既存のシリンダー錠(対応錠前)を取り外して交換取付。 (両面テープではなく金具による固定でドアは無加工。
対応錠前と設置条件は製品ウェブサイトを確認。
なお、 引き戸は条件・別途部品により設置可能。 )
オートロック: センサ式
想定利用シーン: オフィス、 ホテル、 民泊、 レンタルスペース、
会議室、 マンション共用部、 賃貸物件、 公共施設(公民館、 体育施設など)
販売開始時期: 2020年5月21日発売開始 (ご注文順に5月より順次出荷)
本体価格: 79,000円(税別)

関連情報: https://remotelock.kke.co.jp/products/remotelock-8j/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。