人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

緊急事態宣言後、YouTubeなど動画サービスの体感通信速度はどれくらい下がっていたのか?

2020.05.25

あれ?なんか読み込み時間、いつもより長くない?……

外出自粛で暇を持て余し、YouTubeなどで動画を見ようとしたものの、こんなふうに、なかなか再生されなかったり、再生されても画質が荒かったり、途中で止まってしまったりしてイライラした経験、あなたにもないだろうか?

このほど、一般社団法人「WebDINO Japan」では、2月から5月のゴールデンウィーク明け (5/10) までの期間を対象としたネットワーク通信品質の変化に関する分析を行った。

その結果、通信速度 (YouTube 等の動画配信CDN サーバーからの動画ファイルのダウンロード時スループット) は2割から5割低下、サーバーの応答時間は1.5倍~2.4倍に増大したことが明らかになった。調査結果の詳細は以下の通りだ。

なお本調査は、国やISPによる調査が行われているインターネットの総トラヒック量の視点ではなく、実際に利用するユーザー環境で動画視聴時のネットワークや動画再生の体感品質を計測・分析するものだ。

通信速度が2~3月に比べ、4月は2割、5月は5割低下

2~3月と比較し、政府による緊急事態宣言が発令された4月以降は、YouTubeなどの動画配信サービスのCDNサーバーから動画ファイルをダウンロードする際の通信速度が大きく低下した。

緊急事態宣言が全国展開された4月16日から数日経過した20日前後から ゴールデンウィーク後の週末まで継続して通信速度が低下しており、2~3 月の平均に比べ4月は24%、5月 (1 日まで) は47%低い速度が観測された。

平均通信速度 (視聴毎平均の日別平均)

平均通信速度 (視聴毎平均の月別平均、5月は10日まで)

応答時間が2~3月に比べ、4月は1.5倍、5月は2.4倍に増大

通信速度と同様に、サーバーとの応答時間についても4月中旬に大きく増大しており、2~3月の平均に比べ4月は53%、5月 (10日まで) は 144%長い時間が観測された。

平均応答時間 (視聴毎平均の日別平均)

平均応答時間 (視聴毎平均の月別平均、5月は10日まで)

注: 本結果は Web VideoMark のソフトウェアをインストールしたボランティアのユーザーがブラウザーで対象となる動画サービス利用時に計測した、合計 28005視聴分の結果を単純平均したもの。同一ネットワークでの定点計測ではなく、計測協力者、計測者の視聴環境、動画配信サーバーの変化の影響も含まれる。

出典元:WebDINO Japan

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。