人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Withコロナ時代の外飲みは「セルフ飲み」がスタンダードになる!?

2020.06.20

『座魚場 まるこ』

 人件費削減や飲食店で働く人手不足解消への取り組みとして登場した〝セルフ飲み〟。

 客が自らスマホでオーダーしたり、ドリンクを注いだり、従来、従業員がやっていたサービスを客が代わりに行なうことで、コスパの向上を目指している。そこでセルフ=面倒くさいというイメージを払拭するべく、エンタメ要素やオリジナリティーなど付加価値をつけた飲食店が今、急増中だ。

 例えば都内に7店舗を展開する人気店『コンロ家』は壁一面の樽ワインから自由に注げる飲み放題で、ほかの居酒屋にはないイベント性が気分を盛り上げてくれる。

 一方、割り物をカウンターにどぶ漬けする『まるこ』では、ナカ(アルコール)とソト(割り物)を別々にオーダー可能。組み合わせは自由でアルコールの濃さをカスタマイズ可能。自分好みのドリンクが作れるというわけだ。

「そもそもは少ないスタッフで営業するために考えたシステムでしたが、グループや家族連れには室内で気軽にBBQをする感覚で楽しんでもらっています」と言うのは、『焼肉じょんじょん』を手がける株式会社十六の大西淳代表。同店ではすべてを完全セルフ化し、姉妹店『焼肉おおにし』と同じ品質の肉を半額で提供する。また、意外なところで、「人と接することをなるべく避けたいお客様や自分の時間をひとりでゆっくり食事に充てたいという方にも好評です」と大西氏は話す。

 非日常感とレジャーのようなエンタメ性に加え、コストパフォーマンスも抜群の“セルフ飲み”。多様化もさらに加速して、外飲みの新たなスタンダードになりそうだ。

カウンターに割り物がどぶ漬け

『座魚場 まるこ』

『座魚場 まるこ』

飲食業界のヒットメーカー、コジマ笑店が手がける居酒屋。着席スタイルの2階ではメインのカウンターにどぶ漬けの割り物がずらり冷えていて、好みの酒を頼んで合わせられる。

割り物は約18種類

『座魚場 まるこ』

〜人気MENU〜

『座魚場 まるこ』

「ひな一本揚」400円

人気ナンバーワンのつまみは低温でじっくり火を入れたジューシーなまるごとのもも肉。最後に高温でカラリと揚げるので皮はパリパリ。

『座魚場 まるこ』

住所/東京都港区浜松町2-12-11 2F 営業時間/16:00~23:00 定休日/日 電話/03・6432・4474

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。