人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

外部ソフトの対応状況は?MacBook Air、iPad Pro、Chromebook、今、買うならどれ?

2020.06.21

Apple Music

OSや外部ソフトの気になる対応状況は?

PCを買い替える際は、最新OSや対応機器に関する様々な疑問や不安を抱くはず。特に、異なるOSのマシンを使い始める場合はなおさらだろう。そんな時に抱きがちなOSや対応ソフトなどに関する疑問を、タジリとオグチがチェックしてみた。最新のmacOSにおける注意点や『Chromebook』におけるアプリやサービスの対応状況などを解説していこう。

『MacBook Air』の最新OS「Catalina」は32bitソフトが動きません!

『MacBook Air』に搭載されるOSは最新の「Catalina(カタリナ)」。それ以前のmacOSを使用していた人が注意すべきは、32bitアプリが動作しない点。例えば『Office for Mac 2011』や『Photoshop CS6』などは動作しなくなる。アプリを最新版に更新するか「Office 365」などのサブスクリプションサービスへの乗り換えを検討したい。

「Catalina」

32bitソフト

『MacBook Air』

『iPad Pro』はSidecar機能を使わずとも外部モニターになる!

iPadOSでは『iPad』をMacのサブモニターとして使える「Sidecar(サイドカー)」機能に対応。ただし、macOSがCatalina以上であることが条件だ。OSがそれ以前またはWindows機で『iPad』をサブモニターにするなら『spacedesk』などのアプリが活用できる。

spacedesk

『spacedesk』

『iPad Pro』はSidecar機能を使わずとも外部モニターになる!

『Chromebook』はMicrosoft OfficeやApple Musicのアプリが使える!

『Chromebook』に対してWindowsやMacのユーザーはいつものアプリやサービスが使えるかどうかが気になるところだろう。例えば『Microsoft Office』はAndroidアプリが使える(「Office 365」への加入が必要)。「Apple Music」も対応済みで、乗り換えのハードルは意外に低い。

『iPad Pro』はSidecar機能を使わずとも外部モニターになる!

各種Officeアプリ

Apple Music

Apple Music

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。