人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

MacBook Air、iPad Pro、Chromebook、ストリーミング動画を高音質、高画質で楽しめるのはどれ?

2020.06.20

ストリーミング動画をより良い音と映像で楽しめるのはどれ?

オグチ

タジリ(編集) 映像を再生してみると画質と音質の面で『MacBook Air』と『iPad Pro』が図抜けていますね。

オグチ(ライター) 10年以上『MacBook Air』を使ってますが、音の向上は明らか。外付けスピーカーはいらないくらい。

タジリ サウンドは『iPad Pro』も負けてない。映画のセリフが聞き取りやすく、ギターの音もキレッキレ!

オグチ 同じ『iPad Pro』でも、12.9インチのほうがいい。ボリュームを上げても、ほとんど音割れしません。

タジリ 一方『Chromebook』の2機種は……。今後の進化に期待ですね。

タジリ

『MacBook Air』

進化したスピーカーによって広がりのある音を出力

『MacBook Air』

内蔵スピーカーが改善され、1世代前の機種よりも音量で25%、低音再生は2倍に向上した。さらに「Dolby Atmos」に対応し、Apple TVやNetflixなどの対応コンテンツで臨場感ある音を楽しめる。画質も文句なし!

『iPad Pro』

伴奏もしっかりと主張するメリハリのあるサウンドが◎

『iPad Pro』

前機種同様に「Dolby Atmos」に対応するほか、4つのスピーカーによって力強くて臨場感あるサウンドを楽しめる。映像コンテンツを日常的に楽しみたいなら、11インチよりも12.9インチモデルのほうがおすすめだ。

『Chromebook』

ほかの2モデルに比べて音も映像も〝残念品質〟

『Chromebook』

光沢のないノングレア液晶は、テキストを視認するのには向くが、映像表現力は貧弱な印象。16対9の映像再生には、エイサー『Chromebook 512 C851T-H14N』よりもワイド画面のASUS『Chromebook C204MA』がおすすめ。

取材・文/小口 覺

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。