人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

MacBook Air、iPad Pro、Chromebook、複数アプリを起動して作業を進めやすいのはどれ?

2020.06.19

複数のアプリを起動し、様々な作業を同時に進めやすいのはどれ?

オグチ

タジリ(編集) 『iPad Pro』はiPadOSでマルチタスクに対応し、2つのアプリを同時に使えるようになりました。

オグチ(ライター) Webを参照しながらメールを書くような作業は、ラクになりました。ただし、あくまでも操作はスワイプ中心。慣れが必要なのも事実です。

タジリ PCとしてのマルチタスク作業は『MacBook Air』や『Chromebook』のほうがしやすいですね。

オグチ 『Chromebook』は複数のデスクトップを使い分けられる仮想デスクトップにも対応していました。使ってみると、意外と実用的なんです。

タジリ

『MacBook Air』

最大5つの仮想デスクトップにアプリを割り当てられる

『MacBook Air』

macOSは複数のデスクトップを設定して切り替えられる「仮想デスクトップ」に対応。仮想デスクトップの追加や切り替えは、3本指で上にスワイプして「Mission Control」を開けばいい。13.3インチの画面サイズでもマルチタスクが十分に捗る。

『iPad Pro』

〝ながら作業〟が捗るマルチタスクに対応

『iPad Pro』『iPad Pro』

画面下から上へスワイプすると「Appスイッチャー」が開き、アプリを簡単に切り替えられる。マルチタスクは、起動中のアプリ上に別アプリを重ねて表示する「Slide Over」と、画面を2分割表示する「Split View」の2通りを選択可能。両者を使い分けられる。

『Chromebook』

仮想デスクトップ機能を備え起動アプリの整理整頓もラク

『Chromebook』

『Chromebook』も仮想デスクトップに対応。新たに仮想デスクトップを作成したり切り替えたりする際は、キーボードの「ウィンドウを表示」キー、もしくは3本指でのスワイプで行なう。仮想デスクトップの切り替えをショートカットキーで行なえるのも便利。

取材・文/小口 覺

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。