人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

男らしさの象徴「大胸筋」を作る集中トレーニングギアの使い方

2020.07.01

全身のトレーニングをしたほうがもちろんいいが、特定の部位を鍛えることによってバランスよく見えることもある。前のページで紹介したツールを使ったエクササイズでコンプレックスを解消しよう!

モデルならではのメソッド教えます!

山下晃和さん

モデル・スポーツトレーナー
山下晃和さん(Akkie)
本業はタイクーン所属のファッションモデル。NASMという米国のトレーナーの資格を取得していて、オンラインで栄養管理やトレーニング指導も行なっている。

ダンサーならではのボディーメーク教えます!

YUKO OHASHIさん

ダンサー・ピラティストレーナー
YUKO OHASHIさん(Yuko)
サザンオールスターズ、ケツメイシ、及川光博などのLIVE、TV、MVに出演。CM、舞台、振付指導のほか、ピラティストレーナーとしても活躍。http://yukoohashi.com/

男らしさの象徴〝見せ筋〟を作りたい!

オトコの見せポイントは〝大胸筋〟です

上半身の前面で最も大きな筋肉が、大胸筋。この筋肉をつけると基礎代謝が上がり、体脂肪が燃焼しやすいカラダに。鍛えて立体感が出ると少々お腹がたるんでいても目立たなくなり、結果、洋服のシルエットも美しく見せられる。

自重より負荷をかけた腕立て伏せ【チューブプッシュアップ】

チューブを肩甲骨下に回し、手のひらでゴムをつかみ腕立て伏せ。10回×2set。ゴムは伸びている状態が最も引っ張られるため、高いところで1秒ストップさせるのがポイント。

チューブプッシュアップ

キャンドゥ『トレーニングチューブ8の字』

キャンドゥ『トレーニングチューブ8の字』

〈POINT〉手は肩幅よりやや広めにつき、お尻が落ちないようカラダを一直線にする。一番低く下ろす時は地面に触れぬように。

可動域を最大限に利用した胸トレ【ダンベルプレス】

肩甲骨の下あたりにタオルやヨガブロックを置いて、仰向けに。ダンベルを両手に持ち、胸を開きながらゆっくりと上げ下ろしする。10回×2set。

ダンベルプレス

Wout『バーベルにもなるダンベル』

Wout『バーベルにもなるダンベル』

〈POINT〉ダンベルを下ろした時に肘が地面につかないよう、背中に物を置くこと。脇を締めずに腕は90度開き、息を吐きながら持ち上げる。

取材・文/山下晃和

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。