人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アップルがロープライスのスマホ「iPhone SE」を発売した理由

2020.05.24

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議

スマートフォン業界の最前線で取材する4人による、業界の裏側までわかる「スマホトーク」。今回は第2世代「iPhone SE」について議論します。

※新型コロナウイルス対策のためインターネット会議を実施しています

新鮮さはないが売れまくり確実な端末

房野氏:噂の絶えなかった「iPhone SE」の第2世代が発売されました。サイズ、デザインは「iPhone 8」と同じですが、どう思われましたか?

iPhone 8

房野氏

石野氏:新味はないというか、懐かしさを感じるかもしれません。とはいえ、チップセットに「A13 Bionic」が入って高いパフォーマンスを出せる。「iPhone 11」とかを使った後に改めて見ると、コンパクトですし、デザインも定番感がある。という意味では良い端末が出てきたなという感じです。SIMロックフリーで5万円を切る価格で、あのパフォーマンスというのはAndroidスマホでもないくらい。非常にいい選択肢が出てきた。さらにeSIMも使える。IIJmioのeSIMプランを契約して使うのもよし、大手3キャリアの段階制プランで使うもよし、という感じで、5Gへの移行をさらに遅らせてしまいそうな端末が出てきちゃったなという感じがします。

iPhone 11

石野氏

石川氏:Appleは本当にマーケティングが上手いというか、名前を付けるのが上手いというか。ずっと出なかった「iPad mini」を、まったく変わらないサイズで出してみたり、「MacBook Air」もそうですけど、人気のあった名前を決して目新しくないデバイスに付けて、注目を集めて売ることに味を占めた感じがある。かつてのiPhone SEも、端末としてはiPhone 5sなんだけど、iPhone SEという名前が付いたことで一気に注目を浴びた感じがしています。

第2世代のiPhone SEは石野さんが言った通り、目新しさは欠けるんだけど中身は進化している。デザインが一切変わっていないので、iPhone 8のケースも画面保護フィルムも使える。ケース屋さんとか、iPhone経済圏にいる人たちが、まためっちゃ儲かるんだろうなという気がしています。値段は文句の付けようがないといいますか、よくぞここまで値段を下げてきたなと驚きました。ただこの先、「iPhone SEでいいじゃん」っていう人が当然、多いと思うので、そっちに引っ張られちゃわないかなと。Appleは今まで順調に儲かっていたけれど、会社の経営面では不安視されるとは思います。

iPad mini

MacBook Air

石川氏

石野氏:偶然でしょうけど、新型コロナウイルス感染症が広まっているこのタイミングで、指紋認証の「Touch ID」が搭載されて非常に良かった。マスクをしているので「Face ID」で認証できない中、Touch ID需要が高まっているときに投入された。

石川氏:以前はアジア圏しかマスクをしていなかったけれど、最近は世界的にマスクをするようになったので、指紋認証の重要性をみんなで再認識したって気がします。

房野氏:法林さんはどう思われましたか?

法林氏:名前については「毎回やっているよね」という感じ。デバイスを区別しないのが良いか悪いかはユーザーが決めることだと思うけど、今売っているMacBook Airの中身も「元々MacBookじゃん」みたいな話があった。最近、そのパターンをずっと続けている。今回のiPhone SEについては“iPhone 9”という噂もあったけれど、「9」はあまりいい数字じゃないという風潮もあるし、「そうしたか」という感じがしていました。

デザインについては、フロントのベゼルが真っ黒だったり、画面が点灯していると上下のベゼルが太いなぁと思ったりして、「ずいぶん大昔のiPhoneですね」と言いたくなっちゃうような、まったく先進性を感じないデザイン。コストを下げるには、そうせざるを得ないことは分かるけれど、「この基本デザインは何年前でしたっけ?」と思うのがちょっと……ってところですね。こういうやり方は、台数を獲りにいくには仕方がないというか、常套手段だと思うので否定しないけれど、それを出すのにこれだけかかるんだと。その間に世の中の安い端末はもっと進んでいるけど大丈夫か、というところがちょっとある。

あと、価格を税抜きで表記してくるのはどうかな。他は税込み価格を出しているところが多い。税抜き4万4800円ということは、税込み4万9280円で、ほぼ5万円。これにAppleCare+を付けると、この値段かと思っちゃう。一番上のモデルだと8万円近くなる。容量は違うけけど「iPhone XR」で2万2000円引きの方が安い? って感じもしたり。ちょっと微妙な感じが僕はしました。買う人は買うだろうし、名前がこうだから、観念して選ぶ人はいるだろうし、一定数売れると思いますけど、石川君が言ったように、この先どうするのかなと。このユーザーが今後、また動かなくなると思うので、4、5年後にどうするかですよね。

iPhone XR

法林氏

石川氏:キャリアで売るiPhone SEは、スマホおかえしプログラムなどが適用されるし、ドコモだったらMNPだと2万2000円割り引かれるしで、実質負担額が2万円台になっちゃうのは、かなりインパクトが大きい。一方、安いAndroidスマホはこういったプログラムが適用されない。iPhoneはやっぱり優遇されているなと。キャリアとしては、このiPhoneを売りまくりたいんだろうなという気がすごくしますね。

石野氏:総務省の割引の規制が、率じゃなくて額で決まっているので、相対的に価格が安いスマホを購入するほど割引率がどんどん高くなっていく。そうするとiPhone SEのお得感がすごく際立ってしまう。5万円台が3万円台になると、ほとんど半額じゃない? というインパクトになる。そう考えると、あの割引規制もどうなんだろうと少し思うところがありますね。

石川氏:それがあるから総務省は5月11日までiPhone SEの発売を延ばせっていったんじゃないかなって気がしている。相当、Appleにしてやられた感があるというか。

石野氏:逆にいうと、今回、Appleは日本市場をかなり意識している感じがする。Appleは電気通信事業法の改正にパブリックコメントを出したりとか色々やっていたので、それも意識したiPhone SEなのかなって感じがしました。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。