人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

動き、停留確認、眼球運動の検証など視線を計測して可視化するJVCの視線計測装置「Gazefinder NP-200」

2020.05.22

JVCケンウッドは、JVCブランドより視線計測装置「Gazefinder NP-200」を5月下旬より発売する。価格はオープン。

「Gazefinder」は、同社独自の視線計測技術により、被験者がモニター上の画像を目視するだけで視線の計測・可視化を実現する視線計測装置。

2016年9月に「NP-100」が登場して以来、独自の高精度な視線計測技術と目の形状を短時間に把握・補正するキャリブレーション機能が好評を得て、大学や研究機関などで視線研究に活用されてきたという。

今回発売される「NP-200」は、「NP-100」の後継モデルで、視線計測技術を継承しつつ、サンプリング周波数の拡張やセキュリティ向上のためのユーザーアカウント設定などの機能を拡充。従来モデルのサンプリング周波数50Hzに加えて、本機では60Hzと120Hzの合計3種類から選択でき、視線の停留確認や視線の動き、眼球運動の検証など、研究用途に応じた設定が可能だ。

また、画像を提示するモニター部、赤外線ステレオカメラを搭載した視線計測部、計測データ演算部が一体となったコンパクト設計はそのままに、従来比約37%の軽量化を実現。モニター部とカメラ部の段差をなくしたフラットデザインとし、背面カラーには設置環境となじみやすいグレイッシュホワイトを採用した。

さらに、ライセンスパック(別売)も用意し、用途に合わせた機能の拡充が可能。ライセンスパック「NP-F01」では、任意の動画・静止画を本機へ追加することができ、活用用途拡大を可能にする。

同社では、本機を、心理学や脳科学、教育などを研究する大学や研究機関などに提案し、視線計測を活用した研究に貢献していくとしている。

製品情報
https://www.jvc.com/jp/pro/healthcare_sys/lineup/np-200/

構成/立原尚子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。