人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

幼稚園児がママに伝えたいことTOP3、3位「ごはんおいしい」、2位「いつもありがとう」、1位は?

2020.05.23

「理想の母親」になれていると感じていると答えた人は3割

昨今、共働き世帯が過去最高を更新し、女性の社会進出が進んでいるが、ZENB JAPANが3~5歳の子どもを持つ25~39歳の母親に実施したアンケート結果によると、家事・育児の大半は母親が担っているという実情がみられた。

日々の家事・育児において、主に食品宅配などの外部サービスをうまく活用するなど、工夫や自分なりのこだわりを持って家事に取り組んでいることが判明した。

今回の調査結果によると、日々忙しく家事・育児を行ないながらも、自身の思う理想の母親になれていると感じていると答えた人は32.0%にとどまる一方、幼稚園に通う子ども(年長・年中クラス)の64.5%は「母親を自慢したい」と回答している。

さらに「ママにつたえたいことは?」という質問に対し、子どもの半数以上が、母親に対し感謝や好意を示す結果となり、母親と子どもの気持ちにすれ違いが生まれた結果となった。

また母親と過ごして楽しかったことを尋ねると、何気ない日常の話を上げる子どもが多く、特別なことがなくても、現状を楽しく過ごす子どもの実態もわかった。

ZENB JAPANは、そんな親心に寄り添えるブランドになりたいと考え、子どもの成長に寄り添う人を応援するメッセージを発信するため、親子のかけがえのない日常を描いたショートムービー『ぜんぶまるごと』を公開している。

調査概要

子どもがいる母親

調査方法:インターネット調査
実施期間:2020年1月23日~1月24日
調査対象: 3~5歳の子どもを持つ25~39歳の母親
サンプル数:計433名
集計方法:ウエイトバック法を用いたデータ分析

調査委託会社:ジャストシステム

保育園・幼稚園に通う子ども

調査方法:対面調査
実施期間:2020年1月30日
調査対象: 保育園、幼稚園に通う年長・年中クラスの子ども
サンプル数:計121名
調査委託会社:キャリアフィールド

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。