人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

デジタル一眼レフ「αシリーズ」を彷彿とさせる超高速連写の実力は?Xperiaシリーズ初の5Gスマホ「Xperia 1 Ⅱ」の気になる中身

2020.05.21

ソニーのXperia最新モデルとして期待されていた「Xperia 1 Ⅱ」がauから5月22日に発売決定となり、いよいよ端末が手に届く日が近づいてきた。最新の通信規格「5G」に対応し、世界初の最高20コマ/秒のAF/AE追従高速連写、4K画質に対応した有機ELディスプレイ、ダイナミックな2つのフロントスピーカーを搭載するなど、魅力満載のスマホなのだ。発売日がようやく決まった今、改めてその魅力をチェックしたい。

世界初の最高20コマ/秒のAF/AE追従高速連写を搭載

まず紹介したいのが、カメラ性能の進化についてだ。3D iToFセンサーを新たに搭載した3眼レンズは瞳AFや低照度撮影に対応し、シーンによってレンズを自在に切り替えられる。そんな中特筆すべきは、世界初となる最高20コマ/秒のAF/AE追従高速連写に対応した点。動く被写体に瞬時にフォーカスを合わせ、自動で露出も調整して高速連写が可能なため、運動会など被写体が動き回るシーンでも、一瞬の光景をきれいに収められるだろう。カメラを構え、フォーカスを合わせている間にシャッターチャンスを逃してしまうという現象は、もう過去のものになるかもしれない。

独特な縦長ディスプレイは継承、画質はより美しく

Xperia製品の代表的な特徴として、縦長の本体設計にある。これは、21:9という映画館のスクリーンと同じ比率になっており、動画をブランクなく画面いっぱいに楽しめるというメリットがある。また、縦長の本体はスリムな設計になっており、握りやすく片手で操作しやすいのも特徴の1つ。

そんな縦長ディスプレイは今回も搭載しながら、ディスプレイには約6.5インチの有機ELディスプレイを採用。これは4K画質にも対応しているため、かなりの高画質な映像体験ができるだろう。

最新のCPUや大容量メモリを搭載! オンラインゲームも快適にこなすスペック

スマホの処理性能を左右するCPUには、最新のQualcomm Snapdragon 865 5G Mobile Platformを搭載。名前の通り新しい通信規格の「5G」に対応している。また、RAM8GB/ROM128GBの大容量、SDカードも1TBまで使用できるので、容量不足に悩まされる心配は少なく、快適な操作が見込まれる。

Sonyらしいダイナミックなフロントスピーカー、ハイレゾ音源にも対応!

オーディオメーカーとしても有名なSonyらしく、音質にもこだわられている。2つのスピーカーを左右均等に配置し、ステレオ再現性を向上させたフロントステレオスピーカーを搭載。また、イヤホン・ヘッドホンはワイヤレスでもハイレゾ音源の再生に対応している。また、Sony独自の技術である「DSEE HX」を「DSEE Ultimate」に進化させ、ハイレゾ音源でない圧縮音源をハイレゾ相当の高解像度音源に昇華できる。わざわざハイレゾ音源、ハイレゾ対応デバイスを用意せずとも、この1台だけで質の高い音楽体験が可能となったのだ。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。