人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

攻殻機動隊にDJ LOVEも!自宅にいながらライブ、アート、トークイベントが楽しめる「バーチャル渋谷」に行ってみよう

2020.05.17

KDDI株式会社、一般社団法人渋谷未来デザイン、一般財団法人渋谷区観光協会を中心とする参画企業50社からなる「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」が、2020年5月19日(火)より、渋谷区公認の配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」をオープン!
5月15日(金)には、オンライン上でプレス向けオリエン・質疑応答会が実施された。その概要をいち早くご紹介する。

配信プラットフォーム「バーチャル渋谷」とは?

「バーチャル渋谷」のコンセプトは、自宅にいながら、アーティストのライブやアート展示、トークイベントなどの渋谷らしいコンテンツを発信・体験できること。先端テクノロジーとエンターテイメントを組み合わせ、バーチャルイベント会場とリアルな渋谷の街を連携。「デジタルツイン(ミラーワールド)」の体験を消費者に提供していく。

技術協力は、バーチャルイベントプラットフォーム「cluster」を運営するクラスター株式会社。「バーチャル渋谷」には、スマホの「cluster」アプリ(URL: https://cluster.mu/ )やPC、VRデバイスからアクセスが可能だ。

5月19日にはオープニングイベント「#渋谷攻殻NIGHT by au 5G」開催

2020年5月19日には「バーチャル渋谷」上のスクランブル交差点にて、オープニングイベント「#渋谷攻殻NIGHT by au 5G」を開催。
「攻殻機動隊」シリーズのファンである、SEKAI NO OWARI “DJ LOVE”や、VTuberとしても人気が高いアンジュ・カトリーナの他、渋谷未来デザイン フューチャーデザイナー 若槻千夏、S/U/P/E/R(スーパー) DOMMUNE(ドミューン) 代表 宇川 直宏らがアバターとして登場する、LIVEトークイベントを実施予定だ。攻殻機動隊好きにはたまらないディープな話が聞けることだろう。

イベント参加までの流れ

1. cluster アカウント作成

cluster のウェブサイト( https://cluster.mu )にアクセスし、画面右上の「ログイン/新規登録」からアカウントを作成。

2. アプリダウンロード

https://cluster.mu/downloads より、cluster アプリをインストールする。(VRデバイスを使用する場合、cluster アプリのほか SteamVR のインストールが必要)

3. イベントへの参加

「#渋谷攻殻 NIGHT by au 5G」のイベントページ( https://cluster.mu/e/bee95acc-5c7f-4ebb-b08a-606348747487 )にアクセス後、ページ下部の「会場に入る」というボタンをクリックするとイベントに参加できる。

現在の可動範囲はスクランブル交差点一帯のみになるが、随時拡大予定とのこと。

<長谷部健 渋谷区長からのコメント>

新型コロナウイルスの感染拡大が続き、緊急事態宣言が発令され、多くの皆様の生活にも不自由をきたしています。そういった状況下であるからこそ、渋谷らしい解決策や動きが必要だと感じています。これまで未来の渋谷のために計画しても実現に時間を要していたこと、自治体だけでは実現できなかったことをさまざまな企業や人と共に一丸となって、今こそ日本が誇れるカルチャーを持つ「渋谷」の未来のカタチを推し進める時が来ました。第2の渋谷である「バーチャル渋谷」は、無限の可能性を秘めていると考えています。この状況を乗り越えるためではなく、渋谷がサスティナブルなカルチャー発信の先駆者となれるようチャレンジし続けます。

<渋谷未来デザイン理事・事務局次長の長田新子からのコメント>

新型コロナウイルスの感染拡大防止ということで、多くの人々や事業者に自粛生活が強いられています。本来エンターテイメントは、人々に生きる喜びやモチベーションを与え、日々の生活を豊かにします。だからこそ創造文化都市を目指す渋谷は、この時期に形は変えながらも文化活動をつなぎ続け、発信していくことに意義があると考えます。渋谷5Gエンターテイメントプロジェクトは、多様な主体が知識とリソースを提供し、オープンイノベーションによって都市の未来像とエンターテイメントの力を、テクノロジーを駆使しながらカタチにすることをミッションとして生まれました。このような状況下でも、共通の想いを持つパートナーの皆様含めた多くの仲間と今できることを前向きにやりつつ、将来を見据えた実験を繰り返し、事態が収束した際にはリアルな渋谷に新たな体験価値が生み出されることが、これからの社会への貢献につながると信じています。

まとめ

オンラインとオフラインの世界が繋がり、まったく新しい体験ができる「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」の取り組み。今後は世界の人々と「明日は『バーチャル渋谷』で待ち合わせしよう!」などと約束し合う未来も訪れるのだろうか。コロナ禍の中で生まれた新たなコミュニケーションの可能性に期待していきたい。

取材・文/高橋まりな

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。