人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

経験したことのない味わいが楽しめる!ワインにホップを漬け込んだメルシャンの「メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ」

2020.05.19

ワインにホップを使った新感覚のクラフトスパークリングワイン「メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ」が、メルシャンより2020年6月2日(火)に全国で新発売される(参考小売価格:税別610円)。

一体どんな味わいなのだろうか。新商品ウェビナー発表会に参加したので、早速ご紹介したい。

これまでにない新しいクラフトスパークリングワインが誕生したきっかけ

メルシャンでは「飲みやすく・買いやすく・使いやすい、気軽に多様なシーンで楽しめるスパークリングワイン」を「カジュアルスパークリング」という新しいカテゴリーとして提案している。

その中でも、2019年3月に新発売された「おいしい酸化防止剤無添加ワイン シードル」(参考小売価格:税別520円)は、当初目標の2倍を超える出荷で大ヒットしている。日常づかいしやすい価格や、多様なシーンで楽しめることから、若年層や普段ワインを飲まない方にも高く支持されている。この「カジュアルスパークリング」が快調なことを受け、更なるワイン市場の間口拡大を目指すべく、新商品を開発した。

新商品の「メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ」は、メルシャン株式会社 生産・SCM本部藤沢工場技術課の赤宗氏が、海外でビールとワインを組み合わせたお酒を体験したことから着想を得たのだという。

そのこだわりの製法を次にご紹介したい。

メルシャン×キリングループの技術を掛け合わせた唯一無二の製法

新商品の魅力は何と言っても、メルシャンのワイン醸造技術・梅酒の浸漬技術と、キリングループのホップ活用技術を組み合わせたことで、今までにない香り、味覚、後味を実現したことだ。

特許出願中のこだわりの製造工程とは

1.「こだわりのワイン」

各国から厳選したブドウ果汁を国内で醸造して出来上がった、凛とした果実味のある白ワインを選定

2.「こだわりのホップ」

数ある種類のホップの中から最適なものを厳選。フルーティで華やかなフローラルタイプのアメリカ産ホップを選定

3.「こだわりの浸漬方法」

素材の良さを最大限に活かすため、徹底的に浸漬方法にこだわり、何度も試験製造を行いホップの量や浸漬時間を選定

「日本のワイン文化に広がりをもたらしたい」との思いで、メルシャン・キリングループの若手醸造家たちが造ったクラフトスパークリングワインには、醸造家のひと手間や上記の工夫がたくさん詰め込まれている。日本のワイン文化に新しい風を吹かせる、画期的なスパークリングワインになることだろう。

気軽に食事と合わせやすい「メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ」の味わいとは

大のスパークリングワイン好きの筆者が、気になるその味を試してみた。

●どんな味わい?

みずみずしいグレープフルーツの柑橘系と、マスカットのようなフルーティさ、さらにグリーンの香りも感じられる。白ワインの品種で言うと、ソーヴィニヨン・ブランの草原のような爽やかな香りだ。このグリーンな香りこそが、ホップの香りなのだそう。

口当たりは穏やかで、泡は細かい。華やかなホップの香りが漂い、その後にホップの心地良い苦みが感じられ、ブドウの爽やかさが口の中に残る。

スパークリングワインなのだが、最後はビールを飲み終えた時のようなほのかな苦みがあり、経験したことのない味わいがとても新鮮に感じた。

●どんな料理に合うの?

赤宗氏によると、単体で飲むよりも「塩味が強い料理」、「油っぽいもの」によく合うとのこと。例えば塩味の焼き鳥との相性は抜群。焼鳥のおいしさを引き立て、爽やかな酸味で脂っこさもすっきりとさせてくれる。「チョコやナッツの入ったスイーツとも合うのでは」ということだ。

そのほか、自宅でもカレーライス、鶏肉やブリの照り焼き、豚キムチと合わせてみた。

醤油と砂糖を使った料理にもバッチリと合い、醤油のコクをやわらかくしてくれる。更に、カレーライスや豚キムチのようなピリ辛料理にも最適。ワイン由来のブドウのフルーティさにより、辛さが中和されてまろやかになったのは面白い発見だった。

酸味や苦みのバランスが良いので、どんな料理も油をすっきりと切り、後味はさっぱりとさせてくれるのが魅力的だ。
味付けが強いもの、辛いもの、揚げ物など脂っこいもの、いわゆる「居酒屋メニュー」のような料理には特に合わせやすいだろう。

オンライン飲み会にも最適!こんなシーンで楽しみたい!

500mlの容量で、アルコール度数は一般的なワインよりやや低めの8%なのでスイスイと飲みやすい。飲み切れなくても、スクリューキャップなので次の日も楽しめる(二日目でも泡はしっかりと感じられた)。ビールグラスで飲める気軽さもうれしいので、オンライン飲み会のお供にもピッタリだろう。

筆者はビールの苦みが苦手で、普段はビールを全く飲まない。しかし、この「メーカーズレシピ スパークリング ウィズ ホップ」は、まさにスパークリングワインとビールの「いいとこどり」を楽しめるので、ぐいぐい飲めてしまった。これから益々暑くなっていくこの季節には特におすすめ。手頃な値段で、スーパーでも買い求めやすいのはうれしいポイントだ。普段の食卓のシーンで気取らずに楽しみたい。

いつもチューハイやレモンサワーを飲んでいるけれど、もっとリアルな果実味を感じられるものを飲みたい方や、新しいものを試してみたい方にもおすすめだ。

醸造家の遊び心とこだわりの技術がたっぷりと詰まった、今まで体験したことがないスパークリングワインを楽しんでいただきたい。

※商品情報は、記事公開時のものとなります。

【取材協力】
メルシャン株式会社

取材・文/Mami
(一社)日本ソムリエ協会認定ワインエキスパート

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。