人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ビデオ形式のブログ「Vlog」でよく見られているジャンルTOP3

2020.05.14

芸能人やインフルエンサーがこぞって始めているビデオ形式のブログ「Vlog」。日常の何気ないワンシーンを撮影し、簡易的な編集を施してアップロードするスタイルは、人気者の私生活をのぞき見できるような感覚を味わえるとして、若い世代を中心に支持されている。

そんな話題の「Vlog」に関する意識調査がこのほど、SNSに1日1回以上アクセスする10代~40代の男女400名を対象にして実施された。

なお本調査は、民生用ドローンや空撮テクノロジーを提供するDJI JAPAN株式会社により行われた。

動画コンテンツを「ほぼ毎日」視聴している人は、全体の62%。10代では90%に!

まもなく突入する5G時代。これにより動画配信の通信速度は現在の 100倍になるといわれている。時間がかかっていた動画読み込みも一瞬となれば、今まで以上に動画を見る回数も増えていきそうだ。

しかし今回の調査では、今現在でも、全体の62%の人が動画コンテンツを「ほぼ毎日見る」と回答。特に10代では90%という結果が明らかになった。

そんな中「Vlog」に関する認知度は全体では31%。年代別で見てみると、10代での認知度は約半数の49%、20代で32%、30代では31%、40代では10%と年代によって顕著な差が生じた。

この結果から、デジタルネイティブによるSNSブームの取り込み速度の速さが伺える。自身で撮った動画をSNSに「投稿したことがある」人の割合も、年代が下がるにつれ高い回答となった。さらに、全体でも半数以上の53%が投稿経験者という結果も。

しかし「Vlogに対してどのような行動をしたか」という問いには、「投稿したことがある」と回答した人は全体のわずか9%。もしかしたら「Vlog」という言葉に馴染みがなくとも、知らないうちに「Vlog投稿」をしているのかも…?

意外 !?女性より男性の方がVlog投稿頻度が高い!

実際に「Vlogを投稿したことがある」人を対象に、投稿頻度を尋ねる調査が行われたところ、月に2回以上投稿している方が68%となった。

性別で見ると、週に2・3回以上と答えた方の数は、女性の33%に対し、男性は約2倍となる64%。おしゃれで凝った編集を行いたい女性に比べ、男性はリアルタイムで“撮って出し”が多いのかもしれない。

動画投稿時に関する不満(投稿をしたことがない方にはハードルになっていること)としては、「不満がない」を除くと、「編集が難しいこと」、「映したくないものが映ってしまうこと」がランクイン。

近年は簡単に編集ができるアプリも多く出てきているので、一度試してみてはいかがだろうか。

人気Vlog1位は「部屋での様子」

Vlogを視聴したことがあると回答した方を対象に、よく見る動画を尋ねる調査が行われたところ、1位「部屋での様子」、2位「旅行の様子」、3位「料理を作っている様子」というランキングになった。

また、今撮りたい動画のランキングは1位「子どもやペットの動画」、2位「自撮りしながら街歩きしている動画」、3位「空撮動画」という順に。動きまわる被写体に向いているものや、街歩きにも邪魔にならないコンパクトなものなど、自分に合ったカメラを選んで気軽に撮影してみてはいかがだろうか。

3位の空撮も、以前に比べ格段にハードルが下がった動画の一つ。航空法の適応外※となる超小型のドローン(模型航空機)も販売されているため、想像より手軽に、新しい動画の世界を拡げることができるかもしれない。

Vlog撮影に便利なOSMOシリーズ

<Osmo Action>

広角レンズで防水・防塵、コンパクトさが特徴のアクションカメラ。両面スクリーン対応のため、自撮りに最適。スポーツシーン、部屋全体の様子、置いたまま料理中の撮影に。

<Osmo Pocket>

手持ちタイプでコンパクトな3軸ジンバル搭載カメラ。小型ながらアクティブトラック(選択した被写体を追跡する機能)が便利!街歩きに、思い立ったときすぐに。

<Osmo Mobile 3>

手ブレ補正でなめらかな映像撮影が可能になるスマートフォン用3軸ジンバル。アクティブトラックで専属カメラマンが撮ったような映像に。走ったり歩きながら、ペットや子どもの撮影に最適。

<Mavic Mini>(+α)

重量わずか199gの超軽量折りたたみ式ドローン。自動撮影してくれるクイックショットで、初心者でも簡単におしゃれな空撮映像を撮ることができる。

<アンケート概要>
サンプル数: 計400名
調査対象: 10代~40代の1日に1回以上SNSにアクセスしている男女
調査期間: 2020年3月19日〜24日
調査方法: インターネットリサーチ

※本調査では小数点第1位で四捨五入しているため、足し上げても合計数値が100%とならない場合がある。

出典元:DJI JAPAN 株式会社

https://www.dji.com/jp

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。