人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

電動アシスト自転車の便利さを実感する瞬間TOP3、3位子どもの送迎、2位通勤・通学、1位は?

2020.05.16

購入した理由、選ぶ基準は?「電動アシスト付自転車」の利用実態調査

最近、街中でよく見かける「電動アシスト付自転車」。au損害保険が自転車を保有している5,752名に調査を実施したところ(複数回答可)、電動アシスト付自転車の保有率は17.3%だった。

それでは、電動アシスト付自転車を購入した理由、選ぶ基準で最も多い回答は何か? 調査結果をもう少し見ていこう。

電動アシスト付自転車を買おうと思った理由

電動アシスト付自転車を保有していると回答した1,000人(以下同)に買おうと思った理由を尋ねたところ、「居住地付近に坂道が多いから」が25.6%で1位となった。次いで「自転車に乗る機会が多いから」が17.4%、「脚の負担が軽減するから」が17.3%。

世代別に見てみると、「重いものを運ぶから」が20代30.5%、30代25.5%で最も高く、「居住地付近に坂道が多いから」が40代29.0%、50代33.0%、60代以上36.5%と1位になった。

選ぶ基準は?

「電動アシスト付自転車を選んだ基準」を尋ねたところ、「信頼できるメーカーであること」が29.8%で1位。次いで「バッテリーが長く持つこと」が26.2%、「値段がやすいこと」が13.4%だった。

20代では「バッテリーが長く持つこと」が34.5%と最も高く、30代では「子供を乗せやすいこと」が22.0%と、全体平均の8.5%よりも13.5%高くなった。子育て世代である30代は、電動アシスト付自転車の利用においても、育児の役に立つかを重要視していることが分かる。

便利さを実感するのは?

また、「電動アシスト付自転車の便利さを実感するとき」を尋ねたところ、「買い物が楽になった」が最も高く45.0%を占めた。

次いで「通勤・通学が楽になった」が20.9%、「子供の送り迎えが楽になった」が16.5%。20代では「通勤・通学が楽になった」(35.5%)が全体平均よりも高く、30代では「子供の送り迎えが楽になった」(39.5%)が最も高くなった。ライフサイクルごとに電動アシスト付自転車を便利だと感じるタイミングが違うことが分かる。

電動アシスト付自転車の故障、24.9%が経験

電動アシスト付自転車の故障経験の有無を尋ねたところ、24.9%の人が故障を経験していると答えた。故障の内訳を尋ねると(複数回答可)、後輪のパンクが57.0%で1位、次いで前輪のパンクが46.2%、バッテリー切れが38.6%、ブレーキの故障が24.5%、チェーン・ギア・クランクの破損が19.3%となった。

「パンク」を除くと、電動アシスト付自転車特有の「バッテリー切れ」が最も高い結果となった。

故障時は「自力で家まで運んだ」が71.5%

電動アシスト付自転車で故障を経験したことがある249人に、故障した際の対応を尋ねたところ、「自力で家まで運んだ」が71.5%で1位。次いで「置いて帰り、後日車で取りに来た」が5.6%、「家族に車で迎えに来てもらい、持って帰った」が5.2%だった。

【調査概要】※au損保調べ
調査方法:インターネットによるアンケート調査        
対象者:自転車を保有している人
対象地域:日本全国  
回答者数:5,752人(その内電動アシスト付自転車利用者の1,000人は、世代・性別を均等に配置。)
実施時期:2019年12月10日~2019年12月11日
※n=母集団のデータの数

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。