人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

外出できず悶々としながら考えた、サウナ、肛門、カジノの三題噺

2020.05.20

■連載/カーツさとうの最強サウナ熱伝

(写真はイメージです。本文とは関係ありません)

 前回、肛門の話を書いたでしょ?

 サウナ室のサウナマットから、肛門の粘膜を伝わって新型コロナに感染するんじゃないか? っつう個人的な心配。

 アレ、色々調べた結果、肛門の粘膜には新型コロナウイルスの受容体はないらしい。

 ようするにコロナのアナルから感染はないんだと。

 まぁ新型コロナのバカタレに関しては、まだまだわからないことも多いらしいんで、これからまた違う説が出てくるかもしれませんか、今の所、感染する粘膜は、よくいわれてる口・鼻・目の三カ所っつうことらしい。

 そんなアナル話はともかく!! サウナを巡る状況はめまぐるしく変わっている! 

 緊急事態宣言の延長で、温浴施設の営業形態もいろんなパターンになってきている。

 第1のパターンは完全営業自粛。休館ってヤツですね。大規模な施設はこのパターンが多い。

 第2のパターンは営業時間を短縮しているパターン。

 第3のパターンが一部施設だけで営業するパターン。サウナ室や食堂は利用できないようにして、浴室中心の営業。

 そして第4パターンが、衛生管理の徹底と入場制限をもうけてはいるが、ほぼ通常と変わらなく営業するパターン。

 一番多いのは第3と第4のパターンの合体技。緊急事態宣言の延長前までは、第1パターンで休業してたんだけど、延長後に、この合体技で営業再開というところもいくつかあるようだ。

 まぁどのパターンにしても、経営者はもちろん、従業員の皆様の気持ちを慮ると、頭の下がる思いですよ。

 まぁニュースとかで一番問題になってるパチンコ屋もそうだけど、補償が少ないもんね。

 で、そのパチンコで思ったんだけど、いっそのことパチンコは期間限定で休業“命令”にしちゃってさ、その補償費を捻出する為に、国が大々的に期間限定のオンラインバーチャルカジノ&パチンコやったらどう?

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。